バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

「む~」(牛です)

2016-10-12 09:41:15 | 言葉
イタリアの紀行番組を見てたらイタリア人が牛の鳴き真似をして「む~」と言っていた。そうか、イタリアでは「む~」(muu)なんだ。イタリアだけではない。英語(moo)もドイツ語(muh)も「む~」だ。そう言えば「moo」をローマ字読みすると「も~」、英語読みだと「む~」。それからドイツ語の「muh」。ドイツ語の「u」は口をとがらせて「オ」に近い音になるから、私がシュッツを歌う会用に作ってる資料風に発音を表記すると「ム(オ)ー」。う(オ)~!これが一番牛っぽくないかい?イタリアの紀行番組の話の続き。イタリアと日本のダブルの男の子が出てきて「日本がいい」「イタリアは古い感じ、日本は新しい感じ」と言ってた。へ~(ドイツ語の「えー」はイに近くなるから私流の表記では「へ(イ)ー」)、そんなんだ。そう言えば、日本は由緒ある地名もどんどん捨てて新しいのにしてしまうが、イタリアを見ると、パレストリーナが生まれたパレストリーナは今でもあるし、ダ・ヴィンチが生まれたヴィンチ村もまだある。まてよ(今度は牛の話)。ムー大陸ってあったよなぁ。あれって「牛大陸」?(なわけはないよな。綴りは「Mu」)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「営業部」はダメ | トップ | わが家で最高の芳香スポット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。