バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

オオイヌノフグリ

2017-04-18 08:37:23 | 日記

ことわっておくが、決して、面白い名前を見つけたことがきっかけではない(こう断っておかないと、絶対疑われる)。まず、道端で直径1cmもないとってもきれいな花を見つけた。で、いつもなら、「♪この花なんの花気になる花」で写真をアップして終わるところだが、いつも人任せではいけないと思い、自分で調べてみた。で、「オオイヌノフグリ」という名前であることが判明。で、とっとと写真をアップすればよかったのだが、ふと資料の先まで読んだら、この名前がとんでもない名前(大犬の○○)であることが判明。ドイツのフランケン地方のワインの瓶は、その特異な形状から「ボックスボイテル」(山羊のボイテル)と呼ばれているが、その「ボイテル」が○○だ。因みに、NHKで「玉ちゃん」と呼ばれている芸人さんの本当の芸名は「△△筋太郎」だが、△△は読みこそ違うが意味は○○と同じ。で、今ドイツ語辞書で「Beutel」を引いた人、え?財布?どこが恥ずかしいの?とお思いだろう。そう、この単語、普通の人にとっては「財布」。だが、ワイン好きにとっては「○○」。っていうか、ドイツ語辞書で「Beutel」を引くより国語辞書で「ふぐり」を引いた方がよっぽど早い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨大バロック餃子(自家製) | トップ | ふぐり再考 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふさこ)
2017-04-19 19:55:32
春の花で一番好き。雨に日は開かない空色の花だもんね〜。気の毒な名前だけど、イヌだから許せるのよね〜〜。
Re:Unknown (飯島正史)
2017-04-19 20:01:04
ねー、きれいですよね!そっかー、犬だから許されるんだ。オオヒトノフグリはだめですよね。これだと奈良時代の名前みたい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。