バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

合唱というものは

2017-06-16 16:27:56 | 音楽
こないだ行った新宿合唱祭の最初の団体の一曲目、ピアノが「タン、タン、タン、タン、タン、タン」と軽やかに弾き始めて何の曲?と思ったら、「かーぜーのーなーかのー、はーねーのーようにー」だって。この曲(リゴレットの「女心の歌」)も、この堀内敬三の日本語訳も超なじみ。中学生のときの愛唱歌だもんね。それを合唱用にアレンジしたものだった。オペラとは趣きが全然違う。さびの部分の「(女心が)かーわーるーよ」も可愛いもの。これが合唱というものだ。原曲は、テナーがこれみよがしに声を張って伸ばしてヴァリアンテを付けるのだが、ここでそんなことしたら「百叩きの刑」。「メンバーの音楽性を生かすのは合唱では意外と難しい」というM子さんのコメントが頭をよぎる(今回の例は極端すぎるが)。それにしても、私が主宰してる某会もこういう発表の場があった方がいいのかなぁ。でも、私、かったるいのがきらいだからなぁ。因みに、本物(?)の「女心の歌」のイントロは、「タン、タン、タン、タン、タン、タン」なんて時計のようには始まらない。この後素晴らしい四重唱を聞かせる四人の登場人物が各々レチタティーヴォを歌ったと思ったらいきなり「ズン、チャッ、チャッ」。これに乗って弦が「チャーラーラー、チャーララー」と高らかにメロディー。急にストップ。一瞬の間の後、「ズン、チャッ、チャッ」「ラードンナエモービレー」。おおっ、血湧き肉躍ることよ!(歌えないけど。カウンターテナーで歌ったらきっと石が飛んでくる。いや待てよ、こないだ某ソロ・コーナーでヴァーグナーのヘルデンテナーの曲をカウンターテナーで歌ったけど石は飛んでこなかった。別にいいよなぁ。冒頭に書いたどっかの合唱団だって全然変えちゃってるわけだし)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自転車泥棒(イタリア映画の... | トップ | 「八十日間世界一周」の音楽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。