バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

山賊シャイト、いけめんシャイン、Rシュトラウスが「かすがい」となってJシュトラウスとヴァーグナーをつなぐ話

2017-05-20 08:10:20 | 音楽
シュッツとシャインとシャイトは「ドイツ三大S」と言われる。このうちシュッツとシャインが仲良しだったというと、シャイトが仲間はずれみたいでお気の毒。実際、シュッツとシャインは、共に元ボーイソプラノの合唱団員で、一時法律を勉強し、ザクセンの隣り合った二大都市(ドレスデンとライプチヒが「隣り合った」というのは乱暴か。そしたら東京と水戸や甲府も隣り合ってることになる)の楽長だったって具合に共通項が多い。しかし、シャインは病弱だった。その点、三大テナーのカレーラスと重なる。三大テナーが並ぶと、カレーラスはいつも真ん中で、両隣に大男(パヴァロッティとドミンゴ)がいて、なんだか両脇をかかえられた宇宙人の写真を見ているようだった。いや、シャインが病弱だったからといって、小男だったとは限らない。Wikiの日本語版の肖像画はなにやら貧相だが、ドイツ語版の肖像画はなかなか格好いい。それに対し、シャイトの肖像画(Wikiの日本語版とドイツ語版で共通)はひげもじゃで山賊のよう(こういうとき私が海賊ではなく山賊というのは父の影響。父は私のぼさぼさの髪を見ては山賊のよう、と言っていた。父は山梨県(海無し県)の出身だ)。さて、「ドイツ三大S」と書いたが、ドイツ語のサイトでは「三大Sch」。そうだよ、「S」だとStaraussを入れろってことにもなってくる(時代が違うか)。「シュトラウス」と言えば「ヨハン」「リヒァルト」。「リヒァルト」と言えば「ヴァーグナー」「シュトラウス」。どっちにも入ってるのがリヒャルト・シュトラウス。すると、この人がかすがいとなってヨハン・シュトラウスとリヒャルト・ヴァーグナーを結びつける? いや、Rシュトラウスがかすがいにならなくともヴァーグナーは、ヨハン・シュトラウスを圧倒的に評価している。重厚長大のヴァーグナーがちょっと以外?いや、そう思うのは色眼鏡。ブラームスだって唯一ねたましい才能がヨハン・シュトラウスだと言ってる。ウィーン国立歌劇場のレパートリーにJシュトラウスの「こうもり」を入れたのはマーラー。最後に法律論を一つ。同じ家に侵入して家人を二人殺すと殺人罪が二個成立するが、住居侵入罪が「かすがい」になって、二つの殺人罪を結びつける結果、殺人罪は(科刑上)一罪になる。これを「かすがい現象」という(ホントの話)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「こころ」は物質名詞?(シ... | トップ | イギリス英語ってドイツ語み... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。