バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

大夫

2017-06-15 11:34:52 | 日記

今朝の花ブログその1。北綾瀬のしょうぶ沼公園はお奨めスポット。時期を逃すまいと見に行った。例によっていろんな種類が植わっている。その中の「吉野太夫」に目が止まる。「太夫」「大夫」にはいろんな意味があって、もともとは官位(五位)を表していたが、五位のどなたかさんが神官になって、それから神官のことを大夫と言うようになって、で、神楽をする人、能楽の家元等を指すようになって、最後に遊女のどなたかさんが能を舞ったんで最高位の遊女=大夫になったのだと。ということで、めでたくつながりました。で、そもそもの話のきっかけの吉野大夫だが、これは実在した方で、才色兼備を称えられたそうだ(まるでヴィオレッタだ)。真田丸にも登場したというが覚えてない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シュッツが明治でブクステフ... | トップ | 紫陽花トリビア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。