バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

♪真っ赤な寅さん

2017-08-13 14:19:03 | 音楽
まず訂正。昨日の子役についての記事の第1校で私、エマ・ワトソンとミシェル・ウィリアムズを混同しておりました(汗。どうもおかしいと思った。この顔がどうやって丸くなるんだろ?って。なるわけないだろ)。さて、早熟なのはジョディー・フォスターだけではない。最近やってたテレビ番組であらためて観ると、山口百恵(私と同い年)も十代で十分に大人だった。当時からみんながそう言っていたが、お子様の私がよく分からなかっただけの話。「抱くだけ抱いて」の意味だって、今初めてきゃー、やらしーと思ったが、当時は「だっこちゃん」くらいしか頭に浮かばなかった。その山口百恵の「プレイバックPart2」の歌詞に「♪真っ赤なポルシェ」っていうくだりがあるが、なんとNHKで山口百恵が歌うときは「♪真っ赤なくるま」と言い換えていた。企業名は出してはいけないということで(紅白のときはさすがに「ポルシェ」で歌っていた)。おかしい。ポルシェは「シェ」だが「くるま」は「」でアクセントが違う。「」だと「車だん吉」になってしまうと誰かが言っていたが、それを言うなら「車寅二郎」だ。まてよ、「さん」ならメロディーにはまるんじゃないかい?歌ってみよう。♪まっかなトラサン……おおっ、合う!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子役(マグマ大使のガム、エ... | トップ | マゼットもいろいろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。