バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

芸者さんと野球拳(慰安旅行)

2017-04-29 14:24:42 | 日記
最近の若者は先輩や上司と飲みに行かず、慰安旅行も中止になるんだと。私も社会人なりたての頃、慰安旅行に行ったともさ。課で一番若かったので幹事をやらされて、先輩に言われて芸者さんの手配もして、行った旅館が得意先の経営してるところで、そこの社長が私達の宴会にやってきて(これじゃ慰安になるわけない。KYな社長だ)、その社長さんの前で芸者さんと野球拳をやらされて(喜んでやったのかって?あのね。そんとき私には付き合ってる彼女がいたし、いくら年上もいけるったって母親よりも年が上そうなお姐様と喜んで野球拳をやりませんよ。フランス大統領選挙のなんとか候補の奥さん(ブリジットさん)が年上だと行ってもせいぜい25歳)。そんでも楽しいふりをしてやったじゃんけんで私は負け続け、とうとうパンツ一丁になって、それでも負けた。課長や先輩が「ぬーげ、ぬーげ」とはやし立てる(今だったらパワハラだ)。脱げと言うんなら脱ぎますよ。減るもんじゃないし。で、脱ごうとした瞬間、ぬーげと言ってた先輩達が見たくないと言って電気を消した(じゃ、最初っからぬーげなんて言うな)。そしたら、KYの社長が、私を「偉い!こういう社員がいれば会社は大丈夫」と絶賛。野球拳で負けて脱いで会社がよくなるのかね。さて、宴会がはけて、先輩たちは芸者さんたちと飲み直しに出かける。私は早々に就寝。で、しばらくして先輩達が青い顔をして寝ていた私をたたき起こす。「おいっ、いーじまっ、あいつら(芸者さん)ふてーやつらだぞ。追加料金払って付き合えと言ってる。お前なんとかしろっ」。後輩が脱いでも先輩がこうでは会社はどうなる?とにかく、後を追ってきた芸者さんたちに「今日はありがとうございました。これでもうおしましということで」と言っておひきとり願った。私、23歳の秋のことでござんした。あれっ、じゃあ彼女どころか結婚してたっけ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もしもジャルスキーがオクタ... | トップ | 手賀沼の畔でメサイア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事