バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

おしゃれ

2016-11-20 11:04:47 | 日記
家計簿を付けてて(私は個人事業主だから会計帳簿を付けなければならない。そのついでに家用の家計簿も付けてる。帳簿はエクセルで作った)、ん?レシートに「紳士用ブランドスニーカー」とあるぞ。なんだこれ。たしかにスニーカーは欲しいと思っていたが買った覚えがない。い、いかん、母どころの話じゃない。自分がぼけたか。でもよく思い出してみよう。あそこらへんの店でそれらしきもの……あっ、思い出した、靴下だ。えーーっ?靴下のことをスニーカーっていうか?電子辞書の大辞林にはそんなのないぞ。おかげで自分の頭を疑ってしまった。で、その金額を家用の衣料費に計上。今年になって衣料費に計上したのはこれが最初で金950円也。去年は1年間で2,516円だった。しかし、こないだある人が「歳をとるほどおしゃれに気を遣う」と言っていた。そうだよなー、中身がぼろぼろで身なりもぼろぼろじゃいいとこない(私は合唱団の本番でスーツを着ただけで見違えると言われる。変えてない眼鏡まで変えたんでしょう?と言われる)。ベートーヴェンも、40代んときボロを来てウィーンの街を歩き回ってたら浮浪者と間違われたそうだ(その頃、甥のカールのこともあって低迷期だった。作曲量もがくんと減っている。そんななかで敢然と世に現れたのがハンマークラヴィーア・ソナタだったわけだが)。よし、おしゃれをしてみるか。で、でも、おしゃれってどうやってするんだ?60年弱、一度もそんなことしたことないからからきし分からない。実は、私の父はおしゃれだった(そうだ)。父は弟(私の伯父さん)に対して、「人間、おしゃれをしなければダメだ」と言っていたそうだ(葬式のとき知った)。びっくりぽんだ(古い)。私にはそんなこと一言も言ったことがない。希薄だった父子関係がうかがえる話だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 演奏会は介護の話で盛り上がる | トップ | ウィールクスの「Oh!How amia... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。