バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

ヨハン・カスパール・ケルル

2017-02-24 10:10:11 | 音楽
シュッツの時代もまだ「長調」「短調」とか言ってなかったが、100年後のバッハになるとこれが大手を振ってまかり通るようになる。この100年の間に何があった?平均律の普及?時系列的には有力な論拠だ。因みに、バッハの平均律クラヴィーア曲集は、昔は「どの調でもできるよーん」を証明した作品とされていたが、最近は話が違ってきてるようだ(「Das Wohltemperirte」は「良く調律された」の意味)。そういったことはともかく、シュッツとバッハの間の100年間に活躍したドイツ系作曲家に興味津々。で、最近、注目してるのが、ヨハン・カスパール・ケルル。ブクステフーデやフローベルガー同様、この人も鍵盤楽器のための曲がたくさん残っていて、オルガンとかを弾く人にはお馴染みだろうが、合唱曲があまりない。やっと見つけたミサ曲とかを聴いたら、これがとってもよいのだ。楽譜も見つけた。ただ、声域やパートの問題があって、移調するなりしないとシュッツを歌う会ではできない。まあ、そのうち(何ヶ月後or何年後or何十年後)やろう。因みに「ケルル」は「Kerll」。「r」を咽の奥で発音すると「ケフル」っぽくなる。大昔の郵便局の通帳には「ぱるる」と書いてあった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛び道具(調性)なしのルネ... | トップ | テオ・アダムのバリトン独唱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。