バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

第九のこと

2016-10-31 11:19:28 | 音楽
第九だって好きだ。初めて聴いたのは小学生のとき音楽室で聴いたレコードで、例の第四楽章のおどろおどろしいファンファーレを聴いて、あっ、CMでやってた曲だと思って興味を持ったのが最初だった。初めて小遣いで買ったレコードも第九だった。ためたお金が900円ちょっとで、千円盤(当時の廉価版)が買えなくて、そしたら「グロリアシリーズ」という900円の廉価版があって、その中の第九を買ったのだった(ベーム&ウィーンのシンフォニカの方)。因みに、当時わが家にレコードの再生機はなかった。だから買ったはいいが聴くことができず、もっぱらスコア(電車で伊勢佐木町のハマ楽器まで行って買った)を読んで、頭の中で再生していた。そんな大好きな第九だが、がなりたてる合唱は苦手。趣味のせいもあるだろう。これが大学でグリーとかソーコンとかに入ってたら別だったかもしれないが、入ったところはルネサンス&バロック専門の合唱団だった。それに、がなって音程がはちゃめちゃだと曲の真価だって伝わらない(作曲者と曲に気の毒)。第九がきらいという人が結構いるが(特に古楽愛好家の中に。私の出身大学では私の在学当時2年に一度全学が集まって第九を演奏していて、私んときは、チャンスは2年生と4年生のときだったが、2年生のときは先輩たちが「僕らには合わない」と言って参加を辞退してしまった。4年生のときはしっかり参加して「第九を歌った」という経験をかろうじて手に入れた。そのときの指揮者は炎のコバケンだった。長い括弧はここまで)、そういう雑な演奏がはびこってるせいもあると思う。その象徴は最後のプレストの直前、ソリストがゆったりと四重唱を聴かせる部分、まあ、音が決まらないことの多いこと(当ブログでも何度か記事にした)。音が高いせいもある。ソプラノは高いシを出して(ロ長調)、ファ♯に降りてニ長調で終わるのだが、多くの場合、無調音楽になる。それでも最近は古楽器の演奏家が第九をやるようになって状況は少し変わってきた。私は、なんでもかんでもピリオド演奏でちまちまやるのがいいとは思わないが、少なくともソロや合唱が透明な声で音程がばちっと決まるのは心地よい。さて、突然ですが、カラヤンの第九の見分け方(すぐ分かる)。第四楽章のファンファーレがとっても速く、切れ切れのトランペット(ラーーー、ララレレッ、ララレレッ、ララレレッ、ララレレレレレレレレレレレレレレッラッ)ばかりが目立つ。そして二回目のファンファーレ(弦が入る)が鳴って例のバリトン独唱が入るとこ、楽譜には休符があるのに、……ジャンッ「オ、フロー」といきなり入る。歌手が変わっても同じだからカラヤンの指示なのだろう。いつも不思議に思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛の二重唱(1:43:15... | トップ | カマキリをあやつるハリガネ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。