バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

赤坂

2017-06-22 15:25:25 | 日記
「ひよっこ」の売れない漫画家コンビが書いたマンガの1シーン=「機械だけに器械体操」「ズコッ」。ちっとも面白くない(という設定だ)がミネ子は笑わなきゃ悪いと思って作り笑い。私はホントに可笑しくて本気笑い。あはははは。なんかはまってしまいました。あのマンガだってドラマのためにわざわざ作るんだからドラマ作りの現場の人はえらいものだ。最近は、佐賀の金持ちの御曹司とかいうKOボーイが出ている。うん、あの役はKOボーイでよい。ワセダマンは金持ちであってはいけないのだ。最近は金持ちの不真正ワセダマンを見ることもあるが、真正ワセダマンは私のような貧乏人。そのKOボーイだが、お食事会を退席するとき「そろそろ僕たちは」と言ったのはいただけなかった。「たち」はいらないだろう。他の人はもっとだらだらしてたかったかもしれないのに。さて、物語の舞台は向島から赤坂に移った。おお、私の仕事の変遷ルートと同じだ。私も、向島の後、赤坂近辺で仕事をしたことがある(約30年前)。青山通りの裏手あたりで、お昼はいつも港区役所赤坂支所の食堂に行っていた。近くに「ミンミン」という中華屋さんがあって、なかなかの有名店で、今でもあるようだが、そこに行った記憶はない。あのあたりはたしかに坂が多かったが、いったいどこが「赤坂」なのだろう。赤坂支所のすぐわきっちょにあっていっつも登り降りしていた坂は?あれは薬研坂というらしい。なんでも、坂の多いこのあたりの土が赤いので「赤坂」になったという説もあれば、元赤坂の方の坂が由来だという説もあるという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不邪淫戒(汝、姦淫すること... | トップ | ワンワン(じゃなくてユジャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。