バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

マカロニ・ウェスタン(裏切りの荒野)

2017-07-12 06:42:28 | 日記
「カルメン」を土台にしたマカロニ・ウェスタンという触れ込みだった。「裏切りの荒野」って映画。だから、西部の開拓者が魔性の女によって身を滅ぼす話だと思った。で、録画して夜見る。そしたらいきなりイタリア語。恥ずかしながら、「マカロニ・ウェスタン」ってイタリア製の西部劇を指すんだと初めて知った。しかも和製の造語だそうだ。あちらでは「スパゲッティ・ウェスタン」というそうだが、スパゲッティだと細いので、さよならさよならさよならの淀川長治さんがマカロニに言い換えたんだと。ちなみに、スパゲッティより細いのはカッペリーニ(元は髪の毛の意味)だが、イタリアンの落合シェフが「正しくはカペッリーニだ」とおっしゃっていた。さて、映画の内容だが、舞台はセビリャ。え?アメリカ西部じゃないの?(西武線は東京西部に向かう……関係ない)しかも、オペラと同様のストーリーで、登場人物の名前もカルメン、ホセで(ミカエラは出てこないが)、ちっとも西部劇に見えない。いったい「西部劇」って何?。荒野と馬と拳銃があれば「西部劇」なんだろうか。邦題も「荒野」の文字を入れて必死に西部劇に仕立ててる(原題は、L'uomo, l'orgoglio, la vendetta。「荒野」はない)。犬にかぶりものをかぶせてライオンに見せるCMを思い出した。この映画が日本でテレビ放送されたのは1972年だという。それを見た当時の男の子たちはみんなカルメン役のティナ・オーモンにハートを撃ち抜かれたそうだ(私は見なかった)。ティナ・オーモン……ハリウッド生まれのフランス人。フランス人なら「オモー(ン)」だろう。なんと、フェリーニ監督の「カサノヴァ」に出てるという。え?これは見たけどどの役?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にゃんけん | トップ | ご縁があって(8年前のお見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。