バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

なまめかしい足のゴッビのイァーゴがにやっと笑う瞬間

2016-10-14 14:23:18 | 音楽

NHKイタリアオペラの映像で、曲を問わず一番好きなものはと聞かれれば、文句なく、マリオ・デル・モナコとティト・ゴッビが競演したオテロ。放送されたのは私が0歳のときだから、当然、見たのは後年の再放送。それまで、私にとってイァーゴといえばカップッチッリだった。カップッチッリが「イァーゴのクレド」を歌い終わった後「はーっはっはっはっ」と高らかに笑うから、イァーゴはみんな笑うもんだと思ってた。ところが、この古い映像で見るゴッビのイァーゴは笑わない。が、その悪魔的な声と相まってなんだかとてつもなく邪悪。そして、いよいよ第2幕のオテロとの二重唱(リンクした映像はここから)。イァーゴが「Era la notte,」(ある夜のこと)と歌い始める。オテロの妻デズデーモナがカッシオと「できてる」ことを暗示する歌。声色をいかようにも変えてオテロの疑心を深める。そして大詰め。「lo vidi in man di Cassio.」((オテロがデズデーモナに贈ったハンカチが)カッシオの手にあった)。我慢してたオテロもここで切れて「Ah!」 と叫ぶその瞬間のイァーゴに注目。にやーっと笑ってる。見てるこちらは鳥肌(この公演を見た某俳優が「(ゴッビの演技は)オレより上手い」と言ったそうな)。その後、幕切れまで怒濤の二重唱。オテロはデル・モナコの十八番中の十八番。しかし、この公演を見た人は、ゴッビのイァーゴあってのデル・モナコと言っていた。私、このすごすぎる映像を友達に見せることが自分の使命だと信じ、早速、当時入っていたSM合唱団の新年会(Fさん宅)にビデオを持って行って再生してもらった。ところが、みんなの感想は「二人の足がなまめかしい」。たしかにミニスカート(みたいの)の下にタイツで包んだ足がすーっと出ていて目立つことは目立つ。でもそこかよー、感想は。懲りない私は、後年、某会のソロコーナーでこれを歌う。ありえないほど受けなかった。そりゃあね、ゴッビで受けないんだから、私が受けないのは当然だわな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが家で最高の芳香スポット | トップ | 川面に映る飛行機雲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。