バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

♪ニワトコのはーなー、さくーころー

2016-10-16 14:06:19 | 音楽
本題の前に。二つ前の記事の「太郎の冒険旅行」の主人公(弟)が「太郎」ということは分かった。じゃあお姉さんの名前は?検索しまくったがヒットせず。古本(なんとネットで売られてた!)を買えば一発で分かるがお金がない。万事休すか……と思ったら、突然、頭に「たえこ」が浮かんできた。そうだ、「たえこ」に違いない(違ってたりして)。合ってたらすごい。50年ぶりの記憶が蘇ったことになる。さて本題。S田さんがFBにリンクを貼った宝塚の愛唱曲「すみれの花」の原曲の映像を見た。タイトルが「Wenn der weisse Flieder wieder blueht」で、「すみれ」ではなく「Flieder」だった。「Flieder」は一つ前の記事に書いたハンス・ザックスの歌詞にも出てくる(ニワトコのモノローグ)。ところが、「すみれの花」の元歌は「ライラック(リラ)の花」だと言う人もいる。ってことは、「ライラック」=「にわとこ」?そう言う人もいるが、でもWikiを見ると、ニワトコは「マツムシソウ目」であるのに対してライラックは「モクセイ目」とある(モクセイ草!こないだM子さんが歌った万霊節に出てきた花だ)。もともと植物のことはさっぱり分からないので詳しい人の情報を待とう。はっきりしてるのは、元歌の花は「すみれ」ではないということだ。で、思ったこと。日本語にすると音符に乗っかる情報量が少ない。元歌は「白いニワトコ(だかライラックだかリラだか)が再び咲く頃」。それが日本語になると、(花名はともかくとして)「白い」と「再び」がカッツアイ(!)されている。いや、相手がドイツ語ならまだよい。これがイタリア語となると、短いセンテンスに膨大な意味を詰め込めるから、日本語にするときは大幅な「カッツアイ」を余儀なくされる。例えば、ヴェルディの「女心の歌」(リゴレット)。始めの8小節を比較してみよう(イタリア語の逐語訳に相当する日本語を括弧でくくる)。「女心はうつろいやすい」(風の中の)、「風の中の羽のよう」(羽のように)、「言ってることの変わること!」(いつも変わる)、「心も変わる」(女心)。という具合。イタリア語で4小節で言ってることを日本語では8小節かけている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靴屋=ザックス、朝ドラ、横... | トップ | ヨハネでは「足に塗った」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。