バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

「こころ」は物質名詞?(シュッツのIch danke)

2017-05-19 12:10:19 | 音楽
某会でシュッツの「Ich danke dem Herrn von ganzem Herzen」(主に心から感謝します)を歌っているのだが、この「von ganzem Herzen」(心から)を以前「vom ganzen Herzen」と言ってドイツ人に直されたことがある。「vom(von+dem)」なら「ganzen」で合ってるのだが、ここでは定冠詞(dem)は不要。だから「von」。だったら「ganzem」になる、というわけだ。さすがネイティヴ。一瞬の「n」と「m」の違いを聴き取る(こっちは結構早口でしゃべっているのだが)。いや、しかし、そもそもの疑問は、なぜ「dem」を付けちゃいけないかだ。物質名詞には冠詞を付けないという。すると「こころ」は物質名詞か?あらためて辞書を見る。まず、臓器の心臓は、これは数えられるから冠詞(ein,das)が付く。問題は「心」の意味で使う場合。ほら、やっぱり冠詞が付いてるぞ。「ein goldenes Herz」「Mir tut das Herz schwer」等々。でも「心から」は「von ganzem Herzen」なんだよな(ぶちぶち)。因んだ話その1。「Herz」と「schwer」といえば、シューベルトの「糸を紡ぐグレートヘェン」の歌詞に「Mein Herz ist schwer」(心はずたずた)というくだりがある。この歌、フィッシャー・ディースカウはアメリングの歌がお奨めだそうだが、私はルチア・ポップの歌が好きだ。その2。「こころ」と言えば、再放送の朝ドラ。こちらは視聴を断念して久しい。で、こないだひょいと見たら、え?ユウサクさん(ヒロインの夫)は死んじゃったの?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごっつぁんです(字幕の話。... | トップ | 山賊シャイト、いけめんシャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。