バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

猫の予防注射2017(下)

2017-08-09 11:27:17 | 
次はワサビの番。今日は暑くなるというから行くなら朝だ。ワサビの一日の行動パターンは、朝夕はそこらへんでごろごろして日中は押し入れの中。押し入れに入られると確保は無理。やはり朝しかない。食後に決行。案外すんなりケージに入れることができた。入れたらやはり大鳴き。夜の女王と言ったばっかりなのに低ーいうらめしーい声で鳴く。なかなか音域が広い。表現力も多彩。マリア・カラスのようだ。ワラスと呼んでやろう。動物病院には9時前に着いたが既に診察が始まっている。待合室で待ちながらガラス越しに外を見ると、初老の男性がよろよろ歩いてて、病院の横で立ち止まったと思ったら中に入って来た。患者(犬猫)を連れてないどころかバッグさえも持ってない。もしかして涼みに来たの?と思ったら前の患者を抱いた飼い主が診察室から出てきて涼み客としゃべってる。なんだ、夫婦だったのか。いよいよワサビの注射も終わり、ちゃりをこぎながら、これでこの二日間のお嬢達との神経戦も終わると思ったら思わず「Dona nobis pacem」(我らに平和を与えたまえ)を口ずさんでいた(音楽はベートーヴェンのミサソレ)。さて、昨日ケメ子を連れてったとき体重を量ってもらったら0.2kg減って3キロを切ってしまった。ますますワサビとの体重差が拡大……と思ったらワサビは0.5kg減って4キロちょっとだった。以前ケメ子がときどき吐いたんで、朝昼二回のご飯を少量ずつ朝昼夜の三回に変えたら全然吐かなくなったのだが、それが体重減少につながったようだ(逆に言うと、どか食いは太る)。ワサビは良かった。あまり体重が多いと糖尿病の心配が出てくる。ケメ子はもう少し太らそう。帰宅してケージの扉を開けて、脱兎ならぬ脱猫が飛び出して空になったケージを再び猫フードの貯蔵庫に変えて私は脱力。今日はオフにしよう。母んとこに行ってる時間はないから電話で済ませて……え?まだ9時ちょっと過ぎ?時間があるではないか。ふー(大きくため息)。じゃ、もうひとふんばりするか。で、母に猫騒動を話して聞かせると、「猫はぼけるのか?」と面白いことを聞いてくる。人間と一緒でコミュニケーションが不足するとぼけるらしい、と言うとおおいに感心した風であった。昨日の話に戻る。ケメ子と帰る途中、信号で止まってたとき、目の前を通った中学生らしい女子に「かわいい」と言われて、え?おじさんそんなにかわいい?って、冗談(もほどほどに)、猫を褒めてもらってとても嬉しくなった親ばかの私であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫の予防注射2017(上) | トップ | ベランダの黒い実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。