バロン・オックスのブログ

猫と音楽とワインのある風景

「バラバム」「バラバム」「バラバム」とバラバラに言うシュッツ

2017-06-13 17:02:48 | 音楽
ゴミに息を吹きかけるのは斉藤由貴さんだけではなかった。知人のピアニスティンのHさんがドイツの音大に留学していたときのこと、仲良しのギタリスティンのSさんと屋外でご飯を食べていたら、Sさんのお皿にごみが。「あ~ん、○○ちゃん、どうしよう」と言うとHさんがゴミにふっと息を吹きかけてふっとばし「ほら、これで大丈夫」。見事に「なかったことにした」そうだ(Sさんから聞いた話)。なるほど、このくらいでないと、あの豪快(かつ繊細)な演奏はできないってことだ。話は変わって。シュッツの音取りは慣れないと難しいという。予想がつかないというのだ。たしかに、古典派以降の調性音楽とは趣きが違う。調性音楽では、ときどきフェイントがあるとしても、大体、うろころするうちに基調に戻ってくる。Rシュトラウスなど急に半音低い調に転調してびっくりさせるが(回転のおかしいレコードプレイヤー的効果)、すぐ元に戻る。街中をほっつき歩いてても夜になると家に帰ってくる猫のようだ(因みに、うちの猫は100%家猫。それがヴォランティアさんとの約束)。もちろん転調はあるが、転調したらしばらくは転調後の調がきっちり支配する。引越は意を決してするわけだ。それに対し、シュッツはどうだ。例えば「Das ist gewißlich wahr」のサビの部分などバスがドレミファソと昇っていくのだが、それが全部基音。つまり、ハ長調(調号なし)、ニ長調(♯二つ)、ホ短調(♯一つ)、ヘ長調(♭一つ)、ト長調(♯一つ)という転調を二小節ごとにやるわけだ。かばん一つでどんどん引越をする感じ。あるいは異次元へのワープを繰り返す感じ。こうしたシュッツを歌う会を月1回やっている。なかなかぴたーっとはいかないが、はまるとなんとも言えない恍惚感に満たされる。1回の練習で数曲を歌うのだが(シュッツだけではなく最近はブクステフーデやシャインも歌っている)、その中にシュッツのマタイ受難曲もあって、毎回ちびりちびりと歌い進めていて、ようやく民衆が「バラバム」と叫ぶところまできた。なじみの深いバッハとの比較も面白い。バッハのマタイでは「バーーーーーラバム」と一声。それに対してシュッツのは「バラバム」「バラバム」「バラバム」とバラバラ(このダジャレを言いたかったわけではない)。さて、異次元へのワープといえば、子供の頃、「タイムトンネル」というアメリカ製のテレビドラマがあって、NHKで放送していた。タイムマシンでいろんな時代に人を送るという話。しましまのトンネルがタイムマシンだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ふっ」と息を吹きかける♥……... | トップ | シュッツが明治でブクステフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。