悠久の時を経て

「美しく大きく丈夫なオオクワガタ」このテーマを担う血統作出目指した飼育記録をメインに、気儘な話題を書いていきます。

2016年度・2本目への交換その1

2016年10月20日 05時51分32秒 | 2016年度・オオクワガタ飼育



 

先程まで小岩で28年来の友人と。
尾崎豊15の夜『誰にも縛られたくないと』
『つまらない大人にはなりたくない』
佐野元春 ガラスのジェネレーション。
それらフレーズが心に響く今日この頃。

 

 

 

 


先週末も色々と。
なにかと慌ただしく過ごしております。

土曜日は長女の合唱コンクールと
次女の運動会がバッティング。
妻と写真&ビデオ撮影に飛び回り。

 

 

 

 

 


昼食のあと、実家へ向かい2本目へ交換。


翌日は有志メンバー4名でビークワ企画
共同飼育分の交換作業。皆様お疲れ様で
ござんした。

終いが早かったもので。再び実家へ。
♂と思われるボトルを交換し終了。
2日間で少し暴れていた♀を含む120本
程の交換を完了しています。





1本目投入から105日。
温度湿度ともに今年はやや高めに設定。
久留米産地1本目低温管理。これは幼虫
が育たないことがはっきりしています。







◼︎GT555+T
川西では既に実績のある555菌床ですが
果たして久留米に合うのか?

ここ数年三階松G+Tミックスがメイン。
G+Tの1本目は喰痕がサラサラとしたも
のが大半でしたが、今回は少ししっとり
とした状態が多かったですね。
全体的に食いは良くタイペスト紙を破り
食い上がったボトルもありました。
菌糸が死滅した黒い喰痕はほぼ皆無。

三階松三枝さんと報告をさせて貰いま
したが、種菌変更は正解のようです。



課題の2本目は昨年と同じブレンドとな
る866+T菌床へのリレー。

昨年カビはしないがカチカチで食えませ
んでしたから。種菌を変更し、水分量と
詰め方を変えた結果が2本目でどうか?




◼︎KSP2
今回茶褐色の喰痕が混ざっていました。
こちらもレシピ変更によるもの。

過去と比べボトル上部被膜が厚く、やは
りしっとりした喰痕の状態が多かったで
すね。その分体重は乗りましたが、水太
りっぽいかなぁと。

7番ラインKSP2幼虫は長さがあるよう
感じました。2本目ボトルは1本目とは
違い菌勢はそれ程強くありません。

 

 

 



◼︎YPFsp
こちらは全て黄土色の喰痕。しっとりは
無かったです。中にフカフカとした状態
の喰痕の中からまずまずのものが出てい
ます。後半ラインに使っています。

 



1本目の結果ですがまずまず上出来かと。
マツノインセクトから購入した♀ライン
がもうひとつ555+Tを食えていません
がそれ以外、爆発力はありませんが各ラ
イン安定しています。


我が家久留米1本目30UP率
⚫︎2013年度 約2割
⚫︎2014年度 約5割
⚫︎2015年度 約3割
2016年度ここまで約7割。
交換は全て終わっていませんが
6割を割り込む感じはありません。

しかし能勢、川西トップの交換報告は
驚異的。ちと差が大きいです。

 

 

 


現段階、前半2〜10番で良さそうなライン
は4番・7番・9番あたりか。

16-4番87.5×とも氏(86.2同腹)
16-7番84.2(87.5同腹)×クマモン氏早期
この2ラインはHP2016年度種親情報
で確認出来ますが血の離れた組み合わせ
を考え選んだライン。

16-4はマツノ11-8の血が入りません。
来年羽化個体で大きなものが出てくる
と次世代には貴重で面白くなる。

 

 

 

 

 




◼︎16-4番

自ブリ14KU-1904.87.5mm
×14とも氏54mm(86.2mm同腹)




7/2→7/15
16-KU-415.36.1g







7/2→10/15
16-KU-408.36g

 

 

 



16-7 こちらマツノ11-8の血が入ります。

また種親♀は同じKSP2を食べ育っている。

 

◼︎16-7番

自ブリ14KU-1902.84.2mm(87.5mm同腹)
×クマモン氏1509.53.8mm早期


7/2→7/15
16-KU-713.36g

 

 

 




16-9 こちらは血の濃い組み合わせ。
体重が乗るメルリン2007年1番。
還元率の良いメルリン2007年19番。
どちらも色濃く受け継ぐライン。
戻し交配の16-18番なみです。
両親の形状からして羽化個体は相当
迫力のあるタイプになりそう。

◼︎16-9番

自ブリ14KU-1411.86mm
×自ブリ14KU-1918.53.5mm(87.5mm同腹)



7/2→7/16
16-KU-912.35.2g

頭幅がありますね。注目のラインです。

 

 

『虫』 ジャンルのランキング
コメント (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年度・マツノ久留米系羽... | トップ | カビ対策・2016年度・2本目へ... »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (pajero1go)
2016-10-20 00:25:43
楽しみにしておりました、30gを優に超えてますね、しかも、30g越えが6割とは、私の素人目でもまだ色も薄く、これから伸びそうな感じがしますね(o^^o)、ブログ更新楽しみにしております。
こんにちは (>pajero1goさん)
2016-10-20 06:32:32
食えていたので一安心です。^_^
我が家では2本目が課題でして。
従来と飼育環境を変えてみようと思って
います。
こんにちは! (くわがたの里)
2016-10-20 07:23:25
1本目交換途中結果で30up率7割とは脅威的ですね。各種菌糸の比較も楽しみにしています♪我が家も今週末に残りの菌糸交換予定です。
おはようございます (skip)
2016-10-20 08:04:47
三枝さんからチラッと聞いてたんですが、30gUP7割は素晴らしいですね。
しかし4番ラインは絶好調ですね〜(o^^o)
♂の割合が多い感じでしょうか。

明らかにハズしたラインがなく2本目次第ではどこからでも狙えますね!
こんにちは^^ (JUU)
2016-10-20 09:05:01
30gUPが7割とは素晴らしい経過ですね!
16-4は36gが3頭ですか!
875の破壊力を感じます^^
なんだか後半の交換で40gなんてのが出てきそうな勢いを感じます。
交換その2のご報告も楽しみです^^
楽しみですね〜 (mindor)
2016-10-20 09:18:23
こんにちは!30upの7割越えは久留米界のイチローみたいですね (^^)
通説、一般論と常に違った角度からのアプローチ。これまたいつも楽しみに拝見してます。次回3本目の経過をまた楽しみにしております。
こんにちは。 (エビ)
2016-10-20 09:44:20
チョネさん

あれぇ??
オカシイなぁ・・・
個体によってもっと差が出て来る事を予想してましたが、これじゃ素質がそのまま出た感。

しかし、流石です。
これからの2本目が腕の見せどころ。

ネンチュウの運動会、チョネさんトコと違って初めてでしたが面白いですねぇ~
Unknown (クマモン)
2016-10-20 12:45:10
どのラインも成長不良等居なくて完璧なスタートですね!

余程環境が良いのでしょう!

次の交換では大台が複数出る事でしょう
楽しみにしてます。
こんばんは (RANBORU)
2016-10-20 18:10:11
30UP7割♪ですか 凄いですね
日ハムの大谷投手のように チョネさんには、オオクワ界の日本新記録を来年羽化に期待してます♪
頑張って下さい
こんばんわ (yama_ray(アンダーバーウザイです))
2016-10-20 19:10:44
ごぶさたして、、、、
あっ、、何だかんだで、毎週はなしてますね、

そして、我々ができる事は最善でいけてますな。

はい、ヨッパーでカキコしてます

記事まるで関係なし、めんご

コメントを投稿

2016年度・オオクワガタ飼育」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事