悠久の時を経て

「美しく大きく丈夫なオオクワガタ」このテーマを担う血統作出目指した飼育記録をメインに、気儘な話題を書いていきます。

カビ対策・2016年度・2本目への交換その2

2016年10月29日 09時55分14秒 | 2016年度・オオクワガタ飼育




プロ野球日本シリーズ。やはり熱い!
既に幾つかのドラマが繰り広げられている。
特に黒田投手の集大成といえる第3戦の先発。
『常に最後の気持ちで投げてきた。』そういい
続け愚直に自分と対峙してきた黒田投手。

一球一球にこれまでどのような想いを込めてや
ってきたか。その想いが伝わるまさに魂の投球。
口先だけの男と対極の存在はまさに漢。
その魂の投球を間近に見た大谷選手。
さてどんな決着が待っているのか。



 




我が家1本目の2016年度ブリード。
一発は出ていませんが、例年と比較し幼虫体重
30g以上が多数と安定しています。

これはメインで使っている業者の種菌変更と諸々
の品質改善の成果が大きいと思います。

それに加え特に昨年多かったカビ対策。
特別なことではありませんが、ブリーダー側でも
出来る地味な対策も意外と役に立ったように感じ
ています。

●専門業者に委託したエアコン本体内部の掃除。
●ボトル投入作業とボトル設置場所の間仕切。
●1本目ボトルへの一斉投入方法。

我が家の場合、菌糸ボトルを投入する作業場所
とブリードスペースを防音カーテンにより間仕切
して遮断しています。
また空気中には雑菌が多く潜んでいることを念頭
に置き、雑菌混入を防ぐべく除菌対策の徹底と出
来る限り素早い投入を心掛けました。

また実は重要なのが菌糸ブロック及びボトルの納
品状態。
特に納品日の気温ですね。
クール便であれば良いですが、暑い日のトラック
庫内の温度・・・危険です。 
また作業日の気温も同様かもしれません。




話題は変わりまして実験的に取り組んでいるミネ
ラル添加投入ボトル分。 ふむ。こちら通常ボトル
と比べ体重がもうひとつ増えてません。

しかしどれも青白かったんですよね。
2本目にぐ〜んと伸びてこないかな?
オアシスみたいなイメージを少し期待していま
す。ここは幼虫目・要注目です。



ただ上を見ると他の産地では、それでも限られた
血統(系統)のようですが40gアップの報告もある。

久留米産地ですとメルリン血統でもマツノ血統で
も聞こえてきませんね。

●緩やかな成長曲線だからなのか?
●血統ポテンシャルが他と比較してまだまだか?
●適応する餌に起因する?
●途中経過だから1本目交換体重は無視?

まぁその部分は改善の余地があり、伸びしろが
まだまだあるということで。

 

 





2016年度ブリード2本目への交換その2

後半ライン
16-KU 11〜22番

スマホ機種変更によるデータ消失につき画像無し





◼︎16-11番

自ブリ14KU-1411.86mm
×14masuko氏5番53.2mm(86.2mm同腹)
メルリン血統累代×マツノ血統累代。
それぞれ50%ずつと血の離れたアウトライン。



7/2→10/15
16-KU-1105.35g

このラインの幼虫は皆太いですね。
♂親はゴツいんですが厚みがありません。
♂親の良い遺伝子を引き継いでくれれば・・・











◼︎16-17番

自ブリ13KU-503.85mm
×自ブリ1407.54mm(86mm同腹)

7/2→10/16
16-KU-1703.33.9g

こちら親世代。そして祖父母世代まで血の繋がり
はありませんが、その前の曽祖父母世代。
三世代前でようやくメルリン2009年10番の血が
被るといった組み合わせのライン。

しかもその三世代前は久留米でもポイントとなる
メルリン2009年10番といった優秀な血。

2013年度自ブリ・メルリン×東京オオクワ血統か
ら我が家初となる85mmアップが出ましたが、
2世代離し2009年10番の血を再び掛け合わせる。

最終ボトルの昇温直後、菌糸ボトルからマットへ
入れ替え無事羽化した13KU-503.85mm。
チョネ系統ともいえるこの累代は昨年のリベンジ
でもあるわけです。












◼︎16-20番→訂正18番

自ブリ13KU-503.85mm
×自ブリ15KU-1003.51.1mm(84mm同腹)

34g×2・33g×2

こちら早期羽化を♂親と掛け合わせた戻し交配。
全体的に大きな幼虫がゴロゴロといったライン。
今のところ血の濃さの影響が良い方向に。
果たして無事に羽化までもっていけるかですね。

これまでの我が家久留米の同腹インライン。
どうも血の濃さの影響でしょう、羽化不全や★が
極端に多いんです。しかしインラインほどは血の
影響を受けにくいように思っています。
果たしてどうでしょう。














◼︎16-22番

B団とも14.84.5mm
×ダイジー14.9.53.2mm

7/2→10/15.34g
16-KU-2208


こちら、ともさん累代の♂種親ですが、我が家
自ブリ達とは異なるスリムな形状。
長さと美形をイメージして掛け合わせていますの
でこの系統累代ダイジーにいきたいと思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は告知。来月12月8日で当ブログもお陰様で
開設6周年を迎えます。

今年羽化個体ですが、残念ながら自信をもって外
に出せる個体が少なく、既に種親以外に1ペアのみ
しか残しておらず。 




来年羽化予定の個体など含めて、いつも通りささ
やかなプレ企画を開催したいと予定しています。
合同プレ企画ではありませんが、どうせなら盛り
上げていきたいと思ってますよ

どうぞ皆様。お気軽にご参加下さいませ。

是非久留米大型血統をブリードしましょう!

当ブログにて近々プレ企画内容を発表予定です。
よろしくお願いいたします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年度・2本目への交換その1 | トップ | 週末はプロジェクト&江ノ島へ »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^^ (JUU)
2016-10-29 12:34:56
外れがないどころか、どれも当たりのような経過ですね!
カビ対策は今期我が家ではちょっとやられてしまいましたので、来期は上手く管理できるように考えています。
こんにちは! (リョーパパ)
2016-10-29 12:58:46
日本シリーズもいよいよ佳境。
完全に内弁慶シリーズと化してますが結果や如何に(笑)。

今年はみなさんコンスタントに30gUPを出されてますね!。
能勢・川西は突っ走りすぎの感がありますが(^_^;)。
久留米はやや晩成で2本目の伸びは一番期待できるのでは?、と勝手に思ってます(^^)。
久留米で90mm、見てみたいです!。
こんにちは (REGA90)
2016-10-29 13:04:49
カビ対策など色々毎年改善策も参考になります。

私は雑菌の浮遊とボトルの過密飼育状態
から抜け出せず、昨年ほどではありませんが
ボトルを劣化させています。

毎年、みなさんを参考にちょっとずつ改善したい
です。
チョネさんこんにちは (のびしろY)
2016-10-29 19:59:16
やっぱり、チョネさんの交換報告はわくわくしますね。
私もチョネさんの影響もあって三階松さんとこの菌糸菌糸瓶を使わせてもらってるのでとても気になるとこです。
15年度のトラブルを糧にして16年度は大きく飛躍してくることを期待させてください。
プレ企画も楽しみにしてます。
こんばんは (庚午 虫蔵)
2016-10-29 22:50:30
分解しすぎの劣化は良いですが
いきなりカビるように見えるパターンは避けたいですね。

ミネラル分の添加は分解を遅らせる方向で
効果ありだったのでしょうか?

こんばんは! (くわがたの里)
2016-10-30 00:22:46
満遍なく30gがおり、安定感がある感じですね。ミネラル添加は1本目に関してはイマイチなのでしょうか。これから後半戦の伸びに繋がればよいのですが。我が家のビタミン、ミネラル添加は可もなく不可もなくといった感じです。また、集計できたら、ご報告します。
こんばんは! (juke2331)
2016-10-30 01:15:00
去年のリベンジには
途中経過は順調な感じですよね(*^^*)

個人的には13番ラインの経過も
いずれ知りたいです(^o^)
おはようございます。^^ (むしパパ)
2016-10-30 05:02:33
カビは困りますね。
今年の1本目で30本ほどやられました、
思わぬ誤算でした。(>_<)

40g超え出してみたいですね。(^∇^)

プレ企画楽しみです。(^∇^)
おはようございます (さかな)
2016-10-30 08:21:25
今後の幼虫の状態も気になるラインですね。今年もプレ開催ですか。楽しみにしてます!
こんにちは (>JUUさん)
2016-10-30 08:46:13
まず1本目はこれまでで一番良いです。
ここからは、少しカロリー的に高い餌を
与えた幼虫が低い餌で食いが進むのか。
既に食いが限界値に到達しているのか。
ポテンシャルの差が出てくるものと
思っています。^ ^

コメントを投稿

2016年度・オオクワガタ飼育」カテゴリの最新記事