岡ちゃん日記

主に山登り、食べ物の事などをつらつらと……

絶景がお出迎え♪【長野県・餓鬼岳②】

2016-10-15 21:39:06 | 山登り
【2016年10月10日(月)】



餓鬼岳小屋をあとに山頂を目指します。


餓鬼岳小屋の標高が2600mだから、あと標高50mも登れば山頂なんだけどね(笑)



今までの苦労を思えば、あっという間に山頂へ到着~\(^o^)/
10:18着




やったぁ、貸し切り~~(///∇///)
こんな素晴らしい天気、景色なのに人っこ一人いません♪


日本200名山139座目は長野県の餓鬼岳へ登りました♪♪






では360度の大展望を~(*^^*)





手前に登ってきた尾根。

雲海の向こうの右に南アルプスの山々が全て見えました!

真ん中にポツンと影を落としてるのが富士山。スゴいくっきり見えましたよ♪

雲海の向こうの左が八ヶ岳。こちらも全て見えました♪





本来なら安曇野市内が見えてると思うけど、標高2100m以下は全て雲のなか。それ以上の高さの山だけが頭を覗かしてる感じです。
でもここまで一面の雲海はなかなか見れないから、これでもOK♪♪






北アルプス北部の山々。
右から爺ヶ岳、八月に登った針ノ木岳~蓮華岳~七倉岳へ至る稜線もくっきり。
針ノ木岳の横には劔岳、立山、別山と見えてます。
鹿島槍ヶ岳と五竜岳は針ノ木岳の影に隠れて見えません。





手前にあるピークは北アルプスの展望台、唐沢岳。
その向こうには八月に敗退した稜線。
烏帽子岳やら水晶岳、赤牛岳等が見えてます。





北アルプス中央部。
よく分からないf(^_^;
たぶん黒部五郎岳とかそこら辺?






北アルプス南部。
この景色が一番好き(*^^*)

餓鬼岳名物の剣吊(けんづり)から燕岳へ続く稜線の先に大天井岳と槍ヶ岳。
皆が大好きな燕山荘もはっきり見えました。
穂高岳や笠ヶ岳、常念岳とくっきり~♪





いや~、紅葉はからっきしで正直肩透かしを食らったけど、この大展望を見れたから帳消しです\(^o^)/


さてお昼。

山頂あんパン、焼おにぎり、おもちのようなチーズケーキ。
チーズケーキはまぢで美味しかった!
サンクスで売ってますよ♪♪






あまりに天気が良すぎて後から来た方と長話。
結局一時間以上ゆっくりしちった(笑)

11:15山頂発



この景色を覚えておこう♪







小屋でもちょっと休憩して、
餓鬼岳小屋11:31発




んー、良い天気ーー\(^o^)/





秋を探しながら♪





もーすぐ雲のなか。
最後に爺ヶ岳を目に焼き付けておきました♪








展望がない尾根道ほど面白くないものはないっすf(^_^;


特に写真も撮らずに黙々と下ります。



大凪山 12:54通過




ここら辺は気を付けましょう。

写真が横になってしまってるけど、縦で見てくださいf(^_^;

けっこうガレてます。


大凪山~水場までの間で危険なのはこの辺りです。



無事に最終水場まで戻れました。
13:53着



ここから梯子と橋、更に細かなアップダウンが連続するのでここで休憩。





さぁ気を引き締めて下山しましょう!
14:07発




行きにも載せたけど、真新しい土砂崩れのあと。
台風の爪痕と思われますが、こんなのが歩いてる途中に襲ってきたらと思うと。。。
何ヵ所もありました。




広い川原に出ても必ず目印のケルンはありました。
見過ごさない様に気を付けましょう。




名もない滝だけどけっこう立派。




朝ほど濡れてないけど、やはり気をつけて降りないと、です。



またまた対岸に土砂崩れ。
ホントにたくさんありました。




魚止めの滝。
ここが一番キレイ(*^^*)
14:28通過






へつりの箇所。
鎖はありますが、足場が狭く、もし滑落したら10mくらいは川に向かって落ちます。
全体を通してここが一番危険と感じました。






紅葉の滝
14:51通過





こういうなんでもない様な登山道でこそ気を付けないと滑落します。
危険な所では気を張ってるから大丈夫なのですが、一見危険と思われない所だと気が緩んでしまうんですね。




帰りに気がついた。
最終水場まであと1/6ではなくて、これはひとつ目の水場って事だったんですね(笑)






この看板が見えるとゴールまではあと少し。




登山口とうちゃく~~♪


タクシーの方はあと200m下でタクシーが待っているそうです。




駐車場からはこの道を左に進みます。





駐車場にはトイレもあるけど、使うのはちょっと躊躇うよね(笑)





無事に駐車場に到着~\(^o^)/
15:28着


駐車場に停められる車の台数はそんなに多くはないです。






餓鬼岳。

単純標高差1600mもあるので、やはりそれなりに登りごたえはあります。
日帰りの場合、下りの疲れた体に水場から先の梯子と橋のアップダウンはやはり気を付けなければいけない所だと思います。

でも苦労をした先に待っていてくれる絶景は一見の価値あり♪

素敵な景色に出会わせていただいて、今日も神様に感謝します(^人^)





それでは本日の宿泊地、中房温泉へ向かいましょ~\(^o^)/







(つづく。。。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の景色を求めて。。。【長... | トップ | 温泉三昧♪【長野県・中房温泉】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。