岡ちゃん日記

主に山登り、食べ物の事などをつらつらと……

秋の景色を求めて。。。【長野県・餓鬼岳】

2016-10-15 10:18:27 | 山登り
【2016年10月10日(月)】


今回は長野県の餓鬼岳へ登ってきました。


この餓鬼岳、実は以前からずっと気になっていたんです。
ある人が「北アルプスで一番好きな山は?」って質問に「餓鬼岳」と答えていたのがきっかけで知りました。

いつか登れれば良いなぁ、と思ってましたが、週明けの月曜は天気が良さそうなので、餓鬼岳に登ることに♪


二年前の体育の日の連休には槍ヶ岳で見事な紅葉に出合えたので、そちらも楽しみです(*^^*)




前日は近くの道の駅で車中泊。
当日はまだ明るくなる前に行動開始です。
なにせこの餓鬼岳の地図上でのコースタイムは登りと下りで12時間30分も掛かります。
長時間行動の時には朝早くが鉄則ですね♪


駐車場発 5:05



しばらくは未舗装の車道を進み、登山口へ
5:14通過



序盤は沢沿いの登山道。
いくつもの沢を渡渉(川を渡ること)を繰り返しますが、長い幅の所は橋が掛かってますし、短い所には橋は掛かってませんがほぼひと跨ぎ。
暗くても問題はなかったですが、滑落だけは十分に注意して進みました。
(詳細は下りの時に)


やがてヘッドランプの灯りもいらない明るさになり、紅葉の滝に到着。
5:51着



水の落ちる音は聞こえど、ほとんど滝の姿は見えないし、紅葉もしてないし。。。

スルー決定(笑)



橋はまだまだ続きます。



ほどよく汗をかいたのでほどよい広場でフリースを脱ぎます。

って、こんな所に目印があったんだね。

水場まで4/6って書いてある。最終水場(地図上のチェックポイント)まであと少し~(^3^)/


道はますますアスレチックの様相。

ここに至るまでに一度橋の上で見事に転びましたf(^_^;
体が投げ出されたら3mくらい滑落する所だったので、それからかなり慎重に歩きましたよ。朝露に濡れた木道はホントに滑り危険です。





水がキレイ♪



おっきな滝。


魚止めの滝っていうんだね。
この滝は立派でした(*・∀・*)ノ
6:21通過



定員2名って書いてある(笑)
でも立派な橋だから、二人以上乗っても大丈夫そうだけどね。


真新しい土砂崩れのあと。
台風の爪痕だろうね。。。



最初のチェックポイント、最終水場。
6:43着

とりあえずザックを下ろして休憩。


北アルプスの天然水ゲット。
これから始まる尾根道の登りもこれで頑張れる!

6:50発


こっからは尾根道でそれなりの急登。
どこにでもありそうな急登が続いてる感じです。


尾根の途中から眺めた空は一面の雲模様。
大丈夫かなぁ。。。



見晴らしの効かないまま大凪(おおなぎ)山到着。
8:01着



多少は見晴らしの良いピークなのかなぁって思ってたけど、ただ尾根の途中にあるだけで展望は全くなし。

とりあえずザックを下ろして一服。


標高も2000mを越えると風が肌寒いです。
上着を羽織って出発。
8:15発



ほどよく紅葉。




光の当たる木々。


2100mを少し越えると雲を抜けました!



いぇーい!!どぴーかん(^3^)/






小屋まではあと15分!
写真は撮ってないけど、あと30分の看板もありました。



雲海キレイ(*^^*)



視界が拓けてきました。
これは山頂からの展望も期待出来そうです♪



餓鬼岳小屋
10:12通過



天気が崩れそうな気配は全くなかったけど、とりあえずは山頂を目指します(*・∀・*)ノ




山頂で待っていてくれた景色は。。。






(つづく。。。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後に訪れたのは。。。【北... | トップ | 絶景がお出迎え♪【長野県・餓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。