ネコとウッドクラフトと

現在ネコ14匹とウッドクラフトにはまっています

井上刃物店

2017-01-30 17:27:45 | 木工作品
家具の学校8期生Mさんからの情報を基に井上刃物店を検索していると、店オリジナルのコーヒー用計量スプーン作製のために開発した鑿を販売しているとの事。 とても興味深く、さっそくお店を尋ねてみた。

場所は都営新宿線の菊川駅から徒歩で10分前後のところです。そこだけちょっとタイムスリップしたような昔ながらの店構えです。
引き戸を開けて店内に入るとそのノミがすぐ目に入りました。
あらかじめ電話をしておいたのでご主人がすぐに対応してくれました。
また、何点かそのノミで作ったスプーンも見せてくれました。
何でも奥さまが大病を患い、その快気祝いにコーヒー豆を用意したそうですが、付属の計量カップがプラスチック製で味気ないので、専用のノミを開発し、それで木製のスプーンをこしらえ添えたところ、それが評判になり、スプーンを自作したいという人からの要望でそのノミを販売するに至ったのこと。いい話じゃないですか!
私も、早速購入することにしました。 大、中、小がありましたが、中を勧められたのでそれにしました。

店主の井上さんはとても穏やかな方で、また、お話がとても面白く、交友関係も幅広く、島崎先生や、井上昇先生などとも親交があるようです。 ヨーロッパのマイスター達ともお付き合いがあるようでした。

鉋や鉋の刃のとぎの話などもしてくださり、とぎの教室(鉋の仕立て)も主催しているとか。今度機会を見つけて習いに伺いたい旨を伝えて店を後にしました。

帰りに浅草橋の蕎麦屋「あさだ」で蕎麦でもと、ちょっと距離はあるけど歩いてみました。 20分ほどで店につきましたが、なんと開店は5時半から。2時間は暇つぶしもできないので、駅裏をうろうろ。  「満る賀」という蕎麦屋に。腹ペコだったのでおおざるを注文。 これが量が多く、失敗したかと思ったが、結構おいしく、たいらげました。



井上刃物店。  いまどき珍しい店構え。 ここだけちょっと異空間。



ご主人が鉋の仕込みをしていました。 新しい台に墨付けをしていました。




店内の様子。  鉋は手ごろな値段の物がたくさん並んでいました。



店主の井上さん。 初心者にも丁寧に対応してくれそうです。 



購入したスプーン用のノミ。   9000円とちょっと高い気もするが、特注品ならそんなもんかな?

ケヤキ材、カエデ材、ヒノキ材などで早速試してみたが、使い勝手がまことに良く、切れ味も良い。
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外ネコ 捕獲 | トップ | ジローとテルになりました »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ホッと珈琲 (COZY)
2017-02-02 19:02:54
ホッコリする読物ですね♪筆者のお人柄が伝わります。吉永小百合の『不思議な岬の物語』を想起しつつ、次回の訪問を楽しみにしております♪越谷

コメントを投稿

木工作品」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL