とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

「遊び」

2016-11-20 08:59:45 | 折々のことば
 今日の朝日新聞の鷲田清一氏の「折々のことば」で紹介された、ロジェ・カイヨウ氏「遊びと人間」の中の言葉。

 いかなる富も、いかなる作品も生み出さないのが、遊びというものの特徴である。

 そういえば子供のころは普通に遊ぶことができた。できる、できないというより、ただ楽しむためだけに遊ぶのが当たり前だった。しかし今は遊べない。非生産的なものはできなくなってしまっている。下手すると「気分転換のために遊ばなければならない」とむりやり「遊ぶ」ため、全然「遊び」になっていないという事態に陥ってしまう。近代資本主義の中で私たちはもう遊べなくなってしまったのだ。
 
 鷲田氏は次のように語る。

 あそびがなければ歯車が回らないように、人生も社会も、気晴らしうや喜びでいっときはじける、そんな隙間や緩みがないと息をつけなくなる。

 おっしゃる通りであるが、それができなくなっているから苦しいのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍総理がトランプ氏のおみ... | トップ | ジミーペイジ演奏せず 返金... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

折々のことば」カテゴリの最新記事