とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

現代文の参考書シリーズ 時間論3【円環的時間から直線的時間へ】

2017-08-06 08:06:09 | 現代文の参考書
 古代は神の時代でした。古代は自然を受け入れる時代です。だから人々は円環的な時間観を常識としてていたものと思われます。しかし近代は人間が世界の中心になった時代です。人間が自然をも支配しようとします。自然を人間のために加工していくようにもなります。経済的も時間的にも効率的に工事が行わなければなりません。このような社会の中では直線的な時間観が常識となっていきます。

 昔は働くことは神への奉仕でした。しかし今は自分の生活のためです。つまり給料のためです。給料は労働時間と比例するというのが基本的な考えです。「時給」ということばがありますが、これはあきらかに「近代」の発想です。時間はお金です。ですから計算しやすい直線であることが必要になるのです。

 以上のように近代になるにしたがって、人々は時間を直線のように考えるようになりました。このような直線的時間観は近代人にとっては「当たり前」ですが、近代以前には「当たり前」の考え方ではなかったのです。そして、ポスト近代には、またあたらしい時間観が誕生する可能性があります。つまり、直線的時間観は近代特有の考え方なのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『子供の事情』(8月4日観劇... | トップ | 現代文の参考書シリーズ 時... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

現代文の参考書」カテゴリの最新記事