とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

フィギュアスケートのジャンプ優遇は競技の本質を失う

2017-04-22 05:07:07 | スポーツ
 フィギュアスケートの国別対抗戦を見ていた。最近の得点はジャンプ優遇である。だから、高難度のジャンプだけをたくさん飛んでいれば得点が高くなる。これはフィギュアスケートの本質からかけ離れているのではないかと思う。

 ジャンプ優先になってしまうがために、体重が軽いほうが有利になる。女子は成長期前の選手か、極端に体の小さい選手ではないと対応しきれない。20歳を過ぎれば多くの選手が競技から離れざるをない。男子は女子に比べて成長期が遅いので、年齢は少し上がるが、それでも25歳を超えてまで現役で活躍している選手は少ない。スケーティングや表現力が磨きがかかってきて、すばらしい演技ができる人が競技に残ってくれないのだ。 だから見ていて面白い演技が少ない。

 もちろん、技術点と構成点があり、表現面は構成点でカバーしているわけではあるが、このバランスがもっと構成点が高くならないといけない。このままではフィギュアスケートが「体操スケート」になってしまう。

 私には高橋大輔も浅田真央も、このルールのせいで、これからというときに引退してしまったようにしか思えないのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「『である』ことと『する』... | トップ | 村上春樹『騎士団長殺し』④メ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。