とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

小池知事の外来語

2016-10-01 09:23:46 | 政治
 小池知事が大活躍している。しかし一方では目立ちたいだけの劇場型政治家であるだけのような気もしてくる。その根拠となるのがオリンピック施設に関する小池氏のこの発言である。

 「都民ファースト、アスリートファースト、そして、必要なレガシーをワイズスペンディングで使って作っていく。」

 なぜここまで外来語を使わなければならないのだろう。しかも使い慣れていないからか口がうまく回っていなかった。

 無能な政治家や学者ほど外来語を使いたがる。確かに日本語に適当な表現がなく外来語を使いたくなる場合もあるかもしれない。しかし一般の人に対して話す際にほとんど知られていない外来語を使うというのは変である。その人の無能さを示しているだけなのだ。

 絶頂期にある小池知事であるが、こういう気取っただけの発言を見ていると、自分が見だっていればそれでいいという人なのではないかと思えてしまう。いつかそういう受けのいい発言をつけ込まれて、圧力を受け、いつの間にか取り込まれていくのではないかと心配してしまう。

 人気取りのために知事になったわけではない。改革のために知事になったはずだ。得体のしれない圧力団体がこれ以上日本でのさばらないように、小池知事にはがんばってもらいたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鼓童ワン・アース・ツアー201... | トップ | オリンピックの会場問題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。