とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

大谷翔平君は本当に大丈夫か

2017-10-10 19:55:19 | どう思いますか
 大谷翔平選手が来年からアメリカでプレーすることになりそうだ。しかし私は早すぎるのではないかと危惧している。なぜならまだこれと言った実績を上げていないからだ。

 大谷翔平選手の才能があるのは見ればすぐわかるし、年によってはそこそこの成績をあげてもいる。投手としては160キロを超える速球を投げることができ、打者としてはものすごい飛距離の本塁打を放つのでとても印象に残る選手である。さらに記録の面でも2015年は投手として15勝、2016年は打者として22本の本塁打を放ち、打率も3割を超えているので、並みの選手でないのは記録の面でもわかる。しかしそれだけならばまだスターとしての実績を残しているとは言えない。投手と打者とともにものすごい成績を上げた年はないし、投手として20勝とか、打者としてホームラン王などといった大きな勲章も得ていないのである。

 アメリカに渡って日本人選手の中で大成功していたのは、日本でも一流選手としての立派な成績を残していた人がほとんだ。野茂であり、イチローであり、松井であり、黒田であり、どの選手も日本でしっかりとした実績(記録)を残した人なのだ。才能はだれもが認めながら日本での活躍がままならなかった伊良部などは、結局アメリカでも通用しなかった。大谷君は性格がまじめで前向きなので伊良部のような心配はいらないかもしれないが、まだ自分のスタイルができていない。この段階でアメリカに行っても苦しむことになるのではないかと心配してしまうのである。

 ただし、アメリカで一から育てなおしてもらうという気持ちになればアメリカでも大活躍できる選手になるかもしれない。そうなることを期待している。とは言え、日本でみることができなくなるのは残念でならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加