とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

『過保護のカホコ』は最後までおもしろかった

2017-09-21 06:38:26 | TV
 『過保護のカホコ』の最終回を見た。スカッとする気持ちのいい終わり方であった。最近のドラマは最終回が近づくにつれ雑になってしまうものが多いが、このドラマはそうではなかった。最後まで見据えたしっかりとした脚本によっていたからであろう。

 カホコの母親が最後にカホコは自分が不妊治療によってようやくできた子供であることを、カホコの恋人に打ち明ける。カホコが発達障害の傾向があることの理由がほのめかされているのである。もちろん不妊治療と発達障害を結び付けていいわけではない。だからドラマの中でも結び付けているわけではない。しかし可能性としてそれを感じさせることによってリアリティを持たせている。

 役者さんたちもみんな適材適所でいい味を出していた。

 コメディタッチではあるが、しっかりとした構成の「すっばらしい」ドラマであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加