とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

『奥様は、取り扱い注意』は期待以上だった。

2017-12-10 13:16:15 | TV
 今期のドラマで私が一番期待していた『奥様は、取り扱い注意』は、期待以上におもしろかった。ホームドラマ風の装いで、実はサスペンスドラマであり、しかしながらテーマはやっぱり家族の問題なのだ。アクションシーンもしっかりと訓練された人たちのものであり、綾瀬はるかは何者なのだと思わせてくれる。金城一紀さんの作品はやっぱりおもしろい。

 もちろん、ご都合主義的なところもあったけれども、奇想天外な娯楽ドラマとしては許せる範囲内であろう。またラストシーンが話題になっているが、おしゃれな終わり方というくらいの意味でとらえていいのではなかろうか。

 私たちは「家族」というものを「当たり前」のものと思っているが、しかし何かの瞬間に「家族」は幻想のなかでの存在でしかないことに気づく。その時にやはり家族を愛することができるのか。それが問われているようなドラマだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内村光良さんはテレビを救うことができるのか

2017-11-13 18:56:10 | TV
 紅白歌合戦の総合司会が内村光良さんに決まったというニュースが出ていた。NHKもがんばっている。内村さんはヒット番組を次々作り出し、一番クリエイティブな活動をしている人だ。他のお笑い芸人ほどのカリスマ性はなく地味な存在といってもいいのに、必ずそこにいるのである。老荘思想のような人だ。歌番組とは遠い存在のように見えるけれども、それでもいいものを作り上げてくれそうな予感がする。

 紅白歌合戦というと最近は毎年、視聴率がどうだとか、つまらないとか、ネガティブな評価ばかり聞こえてきてしまう。しかしもう昔と比べても意味がない。今やそんな次元で語るべき時代ではないのだ。

 テレビは生き残れるか、それとも時代遅れのものになってしまったのかという問題になってきている。内村さんはテレビ界を守ってくれそうな人のように見える。NHKの覚悟はそこまできているのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『奥様は取り扱い注意』第5回

2017-11-03 11:10:53 | TV
 今期のドラマで一番期待していた『奥様は取り扱い注意』。最初は時代劇みたいなワンパターンドラマかと思っていたが(もちろんそれでも十分おもしろいのだが)、第5回になってドラマが展開し始めた。さすがは金城一紀さんだ。

 今回は夫との関係がうまくいかなくなった主婦三人がプチ家出するという内容である。3人が朝日を見ながらそれぞれの秘密を語る。綾瀬はるか演じる主婦は、自分が孤児であったことを明かす。そして広末涼子演じる主婦は、自分が乳がんの疑いがあることを明かす。3人の友情は深まり、とても心を動かされるシーンだった。

 結局乳がんではなかったのだが、夫との関係は修復できず、事件にまきこまれそうな伏線があって今回は終了した。展開が読めなくなり、この先どういう風にドラマが進んでいくのか見逃せなくなった。よくできたドラマだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『わろてんか』は苦戦中2

2017-10-22 06:52:00 | TV
 前回『わろてんか』に苦戦していると書いた。その原因が雑に作っていると書いた。しかし一番の理由はやっぱり脚本の問題であろう。てんが藤吉になぜそこまでほれ込むのかがわからないのである。

 てんにとって藤吉は言ってみればアイドルのようなものである。だから熱をあげるのはわかる。しかしその程度で結婚するまでに好きになるまで突っ走ってしまうという展開はありえないであろう。しかも藤吉は芸人としては使い物にならず、うその手紙を書いてよこすようなどうしようもない奴なのだ。熱が冷めて当然なのだ。それでも長いつきあいがあったのならば、まだ深いところでのつながりが生まれることがあるかもしれない。しかし二人はほとんど現実の場面での付き合いはなかったのだ。ふたりが結婚するという展開はあるはずがない。しかもそれを家族が認めるというのが不思議でたまらない。誰がどう考えたって無理やり熱をさめさせようとするであろう。あまりにリアリティがないのである。

 おそらく3週目までに藤吉とてんを結ばせるという展開が決められており、それを実現するために無理やりの展開を書いてしまったということなのだろう。しかしこれではてんと藤吉の関係が腑に落ちないままに進行していかなければいけない。視聴者にとってかなり厳しい。

 序盤に無理して急ぎ過ぎたのは今後に十分描きたいことがあるからだと思って、これからを期待したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『わろてんか』は苦戦中

2017-10-21 17:26:13 | TV
 『わろてんか』に苦戦している。まだまだ序盤だが、おもしろいと思えないのである。さまざまな要因があるのかもしれないが、一番の要因は雑に作っていることである。

 「笑い」をテーマにしているので、笑いのシーンを多く入れようとしているのだが、それが笑えない。無理やり笑わせようとしているので、見ていて冷めてしまい、最後には痛々しくなってしまう。笑いをつくるのは難しいのは表現者ならばみんなよく知っているはずである。ところがそれを安直に考えているのである。信じられない。無理やり笑わせてくれなくてもよい。丁寧にドラマを描いてほしい。

 松坂桃李のセリフが聞き取れない。なぜなのかと考えてみたら、彼は関西弁が無理なのではないか。むりやり関西弁をしゃべろうとしているために、むりなしゃべりになってしまっているように思われる。これとても準備不足のためである。

 朝ドラは毎週90分で半年続くので大変なんだろうなとは思うが、ここまで雑では見ていてつらい。序盤だからもたついているだけで、これから持ち直してくれるものと信じている。がんばってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加