とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

国語教育における客観性

2017-12-03 17:25:18 | 高校国語改革
 国語においても「客観性」が必要であることは言うまでもありません。しかし、「客観性」にこだわりすぎると危険です。そもそも「客観性」という言葉の曖昧性が問題の根本にあるのです。

 言葉が成立するためにはもちろん客観性がその条件になります。客観性が保たれているという保証がなければコミュニケーションは成立しません。しかし、そもそも「完全に客観的な文章」を人間が書けるはずがありません。単語の意味に人それぞれ揺れがあるのは当たり前です。経験の違う人間同士では文脈的にも理解の仕方が違います。だから「完全に客観手な問題」も成立するはずがないのです。

 本来「国語」の教育が目指すべき「解釈」とは、文章を読んでその文章中の語句に「根拠」を求め、その「根拠」から作者や筆者の「意図」を探るものです。「根拠」とすべきものが違えばそこから帰結する「意図」は違ってきます。また読者の背景が違ってくれば同じ根拠でも違う「意図」に帰結しても当然なのです。だから「解釈」には揺れが生じるのは当たり前なのです。それなのにセンター試験では揺れのない「解釈」が要求されます。そこに無理が生じてしまいます。

 「客観性」という言葉の曖昧性が混乱を生じさせているのではないでしょうか。「国語」における客観性とは、だれもが同じ解釈をするという保証ではありません。明確な「根拠」をもとに、納得できる論理によって解釈がなされるということです。そこで「解釈」に揺れが生じた場合は議論によって「すり合わせ」をすることによって、より客観的になっていくことができます。

 少なくとも「国語」という教科における読解の「客観性」は人間の言語活動を通してしか保証されないのです。ですから「国語」の読解の授業は教師の一方的な講義型の授業では成立するはずがないのです。読解は「読む」「書く」「話す」「聞く」の活動を通して行われなければいけない。それが「国語」授業の「客観性」を保証するものになるはずです。

 そもそも客観性にこだわるあまりに、教育界は多くのものを失ってきたように思います。「客観性」はひとつの座標軸にしかすぎません。このひとつの座標軸にこだわるあまりに、独自性、個性、創造性などを犠牲にしてきたというのが、近年の教育です。この「客観性」という座標軸は、偏差値という座標軸と似ています。ですからひとつの座標軸によって人間を評価するようになってきました。これこそがセンター試験の大きな罪とも言えます。

 さらに言えば、「客観性」重視は評価にまで影響してきます。よくアクティブラーニング型の授業において評価をどうすればいいかということが話題になります。アクティブラーニング型の授業は従来の点数による評価になじまないからです。しかし本来教育の評価というものは多面的に行われるべきもので、その意味でもアクティブラーニング型の授業は望ましいはずです。なんでもかんでも一つの基準で点数化するというのは、座標軸を一つにすることであり、個性を伸ばす教育の理念とは一番遠いものです。

 ただし、だからといって観点別の評価をするという発想に私は与しません。それは現状の教員の仕事量から考えると不可能でだからです。試験の点数で評価するのでしょうがない。授業の過程で生徒に自己評価をさせながら、よいものをほめていくことぐらいが現状で可能なことだと、私は考えています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「大学入学共通テスト」マークシート問題モデル問題例2

2017-07-23 08:28:07 | 高校国語改革
 平成29年7月に大学入試センターから発表されたマークシート問題のモデル問題例についての感想を述べる。今回は例2について。

 例2の問題は2つの文章からの出題である。【文章1】は『平家物語』「忠度都落」からの1節で、【文章2】はそれを読んだ二人の人物による対談の一部である。【文章2】は高校生の対談ではなく、出版されている書籍からのものであり、著名な国語教師である黒澤弘光から、著名な理学博士である竹内薫氏が古典の読み方を教わる形で進む対談である。私はこの問題もおおむねいい問題であると考える。いくつかの点に分けて感想を述べる。

 1点目。難易度が適当である。題材が『平家物語』だったので、平安女流文学とは違い文脈がつかみやすい。最近センター試験の問題が難しくなる一方であったのでこの程度の難易度のほうがいい。ただしこのような難易度だと平均点が上がりすぎるという批判がおきそうである。そしていつの間にかどんどんむずかしくなっていくというのがセンター試験の歴史だった。そういう批判が起きてもこの難易度を維持できるのか。そもそも高校や大学がこのような難易度の問題に対して批判を言わずにいられるか、ここが大きなポイントである。

 2点目。文法や文学史が出題されている点も評価したい。文法に関しては、出題しないほうがいいという意見もよく聞かれるが、私はしっかりと10点ぐらい出題したほうがいいと考える。文法は日本語を客観視していくために大切な知識だからだ。同じように文学史も日本の文化の知識としてきちんと頭の中にいれておいたほうがいい。ただし、基本的な問題でなければならない。ガイドラインを作成し、そのレベルに達している生徒はだれもが正解を得られるような問題であるべきだ。

 3点目。【文章2】の対談はおもしろい。古典の読解の醍醐味を教えてくれる。国語教師として勉強になる。しかし、これをもとに問題を作成したのでは生徒の主体的な態度は育たない。生徒自身が発見すべきところが対談の中で言及されているからである。本来、生徒の自主的な態度は面接などで時間をかけて評価されるべきものであろう。それができず、センター試験で受験生を評価しなければならないことに最大の問題があるわけであるが、だとしたら、マーク型の問題でなんらかの工夫ができないのか。教育改革の根本が改善されないのではないかという懸念は残る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「大学入学共通テスト」マークシート問題モデル問題例1

2017-07-21 10:37:10 | 高校国語改革
 平成29年7月に大学入試センターから発表されたマークシート問題のモデル問題例についての感想を述べる。今回は例1について。

 例1の問題は短歌について書かれた二つの評論を読んで答える問題と、その評論を読んだ生徒が他の短歌を鑑賞している会話から出題した問題である。全体的に言えば大きな改善の見られる問題だと考えている。

 良い点について述べる。

1点目。センター試験では第1問が評論が出題されて、その評論がどんどん長文化し、難解になってきていて、もはや国語の読解の枠を超えていることが大きな問題であった。それについて例1の問題は改善されている。

2点目。短歌を題材とすることによって、国語の授業の中で近年軽視されつつあった詩歌についての重要性を再確認するきっかけとなっている。表現への意識も高くなるであろう。この点も評価できる。

3点目。さまざまな文章を挙げ、その中から必要な情報を見つけ出す能力、つまり情報収集能力を育てようとしているのが見え、問5のⅱの問題はいい出題だと思われる。

あまり良いと思われない点を述べる。

1点目。この問題を解くときにあまり論理性が必要とされないような気がする。ここでいう論理性というのは文章における論理展開という意味での論理性である。確かに文章である以上、その根本に論理があり、この例1の問題もその論理によって出題されてはいる。しかし、今日の言語活動を重視するという視点においては、接続詞や論理展開、根拠と意見などの目に見える論理を意識させる必要がある。その観点の出題が見られないのだ。

2点目。言語活動を推進するために生徒の会話を問題に入れているのだが、これと言語活動が結びつくとは考えられない。会話がリアリティがなさすぎるのだ。出題のための会話にしかなっていない。

3点目。「評価することのをねらいとする能力について」に記載されている、「テキストを構造化する力」というのはどういうものか分からない。この例1の問題でそれが問われていたのだろうか。

さっと見ての感想なので、自信をもって意見を表明しているわけではないが、今後、さまざまな意見を参考にしながら、もっと深く考え、必要に応じて意見を修正していきたい。そして国語の改革について少しでも貢献していきたいと考えている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学入試改革、国語の記述式導入について

2017-04-14 07:58:11 | 高校国語改革
 きょうの朝日新聞にセンター試験に代わって2020年から導入される新テスト「大学入学希望者学力評価テスト」の原案の記事が出ていた。

 注目の国語の記述式はセンターが民間業者に採点を委託し、80~120字程度で答える問題を3題程度出題することを検討中のようである。

 私は国語の記述式の導入は絶対に必要だと思っており、そういう意味では前進していると考えている。しかし、80~120字の記述ではその効果がどれほど出てくるのかが疑問にも感じている。民間業者に委託する形での採点になるので、かなり採点基準のはっきりとしたものになるに違いない。だとすると記述式と言いながらほとんど揺れのない解答しか得られないような問題にならざるを得ないのではないか。どのような問題を想定しているのか、はやくモデル問題を提示し、批判検討していく必要がある。

 この改革を失敗させてはいけない。それが私の強い思いである。私が何を言っても変わらないかもしれないが、これからもこの入試改革について自分の意見を発信していきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからの国語教育「言葉の気づき」④ 日本語の文法①

2017-02-24 08:24:13 | 高校国語改革
【日本語の気づき5 文法編1 5文系は動詞が主役】

(実践例)
「英語で5文型を勉強しましたね。Sは主語、Vは動詞、Oは目的語、Cは補語でした。勉強していて不思議に思ったことはありませんか。S、O、Cは文の要素なのにVは品詞です。S、V、Oに合わせればVのところは述語になるのが自然です。なぜこうなるのでしょうか。」

 英語の話です。私は高校時代英語が得意ではありませんでした。その理由はおそらく中学、高校時代の英語の先生の教え方が悪かったのだと思います。あのころの先生たちは本当にわかって説明していたのでしょうか。ただ単語の意味だけを知っていたのではないでしょうか。説明が説明なっていなかったのです。

 特にわからなかったのは5文型でした。何を言っているのかわからない。高校卒業してからやっと自動詞と他動詞の違いが分かりはじめました。

 さて、5文型を考えていく場合、不思議に思うことがあると思います。SVOCそれぞれ何を指しているのでしょう。
  Sは主語。
  Oは目的語。
  Cは補語
です。それぞれ文の構成要素の名称です。それに対し、
  Vは動詞
です。品詞ですよね。なんでVだけが品詞なのでしょうか。これはわりと答えられない人が多い。

 正解は簡単です。5文型というのは動詞の分類だからです。主役はV、つまり動詞なのです。この動詞が来れば、こういう要素がこういう順番で並びますよという分類なのです。Vだけが異端児なのではなく、Vが主役なのです。

 このように教えるともっと英文法は理解しやすいのではないでしょうか。

【日本語の気づき6 文法編2 目的語って何】
(実践例)
「目的語って何ですか。」
「次の中で目的語はなんですか。
  ①ボールを投げる。
  ②リンゴを食べる
  ③ぼくは水が欲しい。
  ④ぼくは数学が好き。
  ⑤この道を通る。」

 英語の学習で「目的語」が出てくるので、国語の時間に生徒に「目的語」って何かを聞いてみます。するとしっかりと答えられる生徒はあまりいません。

 従来の学校の国語文法では「目的語」は存在していません。「目的語」にあたるものは、他のさまざまなものを含めて「修飾語」として扱われます。しかし、近年では国語教師も英文法をしっかり学んでいるので、日本語の「目的語」を存在していると考えてもいいと思います。逆に学校文法では目的語がないということを知らない国語教師のほうが多いのではないかと思われます。

 では日本語で「目的語」とは何を指すのでしょうか。「~を」となるものと言っていいと思います。

  ①ボールを投げる。
  ②リンゴを食べる。

 などの例文がすぐに思い浮かびます。これは英語の勉強ですでに考えたことがあるからだと思われます。「~を」を目的語にすると次のような例文が変に感じます。

  ③ぼくは水が欲しい。
  ④ぼくは数学が好き。
  ⑤この道を通る。

 ③、④は「目的語」のように見えるのに「を」ではなく、「が」が使われています。これはどういうことなのでしょう。これは、「目的語」をとるのは「動詞」だけであり、③の「欲しい」、④の「好き」は動詞ではないからです。③に関しては「欲しい」は英語では「want」で動詞になりますが、日本語では動詞ではありません。④の「好き」は本来「好きだ」です。英語では「like,love」であり形容動詞です。これも動詞ではありません。

 ⑤は「この道を」の部分が「目的語」と考えていいのかという問題です。これについては様々な意見があるようです。が、わたしは個人的には「目的語」と考えるべきなのではないかと思います。そのほうが整理しやすいからです。

 これらは英語の文法知識がある程度日本人にも定着しており、その知識を使って日本語を考えてしまう例だと思います。現代語の日本語文法は中学校で勉強するのですが、あまり多くの時間を費やしません。英語の文法は時間をかけて勉強します。その結果、日本語の文法を英語の文法知識で考えるようになります。これは悪いことではありません。そのためにも日本語と英語の文法用語の統一が必要になってきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加