とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

夏目漱石『こころ』の授業

2018-01-06 17:33:55 | 『こころ』
 高校の現代文の授業の定番『こころ』の授業実践のレポートです。

 『こころ』はどうやってもわりとうまくいく教材ですが、私はただ普通に授業をするよりも、より自主的に読むためにはどうすればいいかを考え、グループ発表型の授業にしています。ひとつのグループがひとつの章を受け持ち、教師の代わりに授業をするというものです。これは伝統的に行われている手法なので、実践している方も多いのではないかと思いますが、私なりにアレンジして実践しています。新学習指導要領の提唱する「主体的、対話的な深い学び」のためには、いい実践ではないかと考えています。

【授業の方法】
 生徒が教師となって授業をする。

 ・4人1組の班をつくり、班に1章ずつ割り振り、授業をしてもらう。

 ・班に割り振られるのは、現代文の教科書に載っている下の40章から48章まで。授業の前までに計画的に読書させ、一度通読させている。(本校の生徒の場合、これがけっこう苦労する。宿題に出し、要約させたり、内容にかかわるクイズを出したり、読ませる工夫をいろいろしている。)

 ・授業の内容は、与えられた章から問題を2つ出し、それについて班で意見を出してもらい、最終的に解答を導き出す。

 ・授業をする班は、文章をよく読み、問題となるところを見つけて、それに対する予想されるいくつかの答えと正解を準備しておく。

 ・問題を作るときのポイント
  ○すぐに答えのでるような問題ではなく、簡単には答えのでないような問題を考える。
  ○しかし、根拠を持った解答を用意できるようなものを作る。
  ○解答例を作るときは必ず根拠を明確にすること。
  ○予想される他の答えを二つは用意しておくこと。
  ○根拠のある新解釈を評価したい。

 ・授業が始まったら、班のメンバーが全員黒板の前に立ち、授業を進行する。
  ①章の朗読
  ②問題の提示
  ③各自で考える時間3分
  ④班で考える時間3分
  ⑤各班から答えを募る。討議
  ⑥教師役の班が最終的な正解を板書し、質問を受け付ける。
  ⑦振り返りをして終了。

【留意点】
 この授業をする以前から、グループ学習は頻繁に行い、グループで協力することに慣れさせておきました。もちろん小学校、中学校でもグループ学習には慣れていると思われます。以前よりもグループでの活動には抵抗がないように思われます。

 また、人前で話すことも計画的に行ってきました。人前で話すことは苦手な生徒もいると思いますが、最近の生徒はあまり物おじしませんし、露骨にいやがる態度にはなる生徒はいません。生徒なりに活動できるようです。

 まったく意見がでないことがあることを危惧し、授業全体を通して1人1回の発言を義務付けました。しかし、結局発言しなかった生徒もいました。生徒の自主性を待つべきだったのかもしれませんし、このあたりはどうしたらいいのかまだわかりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「覚悟、-覚悟ならないこともない。」

2018-01-01 15:48:18 | 『こころ』
 夏目漱石の『こころ』の授業で気づいたことを書き残します。

 Kの「覚悟」とはどういう意味だったのか。これは『こころ』の授業での定番の発問です。いくつかの考え方がでてきます。普通に考えられるのは以下の3点です。

 ①「お嬢さん」をあきらめる覚悟
 ②「お嬢さん」への恋につきすすむ覚悟
 ③自殺する覚悟

 「先生」は最初は①だと考えたのだと思います。その時は自分の恋敵になるKが「お嬢さん」をあきらめてくれると考えたのだから「先生」は余裕があります。しかし、その後Kが居直り強盗のように感じられ、②ではないかと勝手に疑い始めます。疑心暗鬼が自身の心を侵し始め、「先生」は動揺するのです。「先生」はKの「こころ」が読めません。それと同時に自分自身の「こころ」も制御できないのです。

 そして「お嬢さん」と「先生」が結婚することになったことを知ったKは間もなく自殺します。その時点で③ではないかとも考えられます。Kは道のためには「すべてを犠牲にする」ことを信条としていました。ストイックな生き方を自分で選んで生きていたのです。しかし、恋をしてしまった自分自身の「こころ」を制御できなくなってしまったのです。とすれば、Kの自殺の原因は、そんな自分の弱さに絶望して為ではないかとも考えられるのです。

 考えれば考えるほど、Kの心は読めませんし、「こころ」を制御できないという意味では「先生」は自分の「こころ」さえもわからないのです。そこにこの作品の大きなテーマがあるのではないか。

 オーソドックスな普通の読み方ですが、この部分を抑えておくことは必要なことです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「お嬢さん(静)」は先生をどう思っていたのか(『こころ』シリーズ⑦)

2017-11-21 18:04:02 | 『こころ』
 夏目漱石の『こころ』の授業をしています。昔からどうしても気になることがあります。それは次のセリフです。

「本人が不承知のところに、私があの子をやるはずがありませんから」

 これは「先生」が「奥さん」に「お嬢さん(静)」との結婚を申し込んだときの「奥さん」の言葉です。この言葉はお嬢さんは「先生」との結婚を願っていたことを示しているものと思われます。

 「先生」はKに対する疑心暗鬼からあせって、「奥さん」に「お嬢さん」との結婚を申し出たのです。しかし、このセリフを聞くと、あせる必要はなかったはずであり、一番喜ぶべきセリフであったはずです。同時にKに対する罪悪感を生み出す重大なセリフでもあるはずなのです。ところがそれがあっさりと紹介されているだけであり、その後の「先生」も感動も後悔もありません。しかもこのあと散歩に出た「先生」はKのことを考えていなかったと告白しています。これは一体どういうことなのでしょう。

 この部分の違和感はわたしをずっと苦しめています。授業をしながら今年も考えてみたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「それをやめるだけの覚悟」(『こころ』シリーズ⑥)

2017-11-02 18:50:45 | 『こころ』
 高校生に夏目漱石の『こころ』の授業をしている時に気がついたこと。下の42章。

 お嬢さんへの恋を告白したKがどうしたらいいか相談に来たKに対して、「先生」は「精神的に向上心のないものは馬鹿だ。」と言い放つ。この言葉は以前Kから言われたものである。しかし実は「先生」自身がお嬢さんを好きだったために、Kにお嬢さんをあきらめさせるために策略的に言った言葉だ。

 さて、Kはこの言葉に追い詰められていく。自分の言葉によって追い詰められていくのは一番つらいことだ。人間は自分を裏切りたくないからだ。追い詰められたKは「もうその話はやめよう」と「先生」に言う。しかしそれに対して「先生」は「君の心でそれをやめるだけの覚悟がなければ、一体君は君の平生の主張をどうするつもりなのか。」と追い打ちをかける。ひどい男だ。

 問題はここの「それ」とは何かということだ。普段読み飛ばしてきたが、生徒に指摘されてわからなくなった。なんとなく思い込みで「お嬢さんへの恋」と考えてきたが、話の流れから考えると「話を続けること」ととるべきではないか。しかし「話を続けること」と考える、文の意味が通らなくなる。

 あきらかにここで「先生」は言葉の意味を捻じ曲げてしまったのだ。ここに冷静さを欠いた「先生」の姿があらわれているとも言える。生徒に指摘されたところだがおもしろい発見だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「下36章の読解」(『こころ』シリーズ⑤)

2017-10-04 06:38:25 | 『こころ』
 夏目漱石の『こころ』を考えるシリーズ。
 いよいよ授業をしながら考えていく。生徒が教師役をする授業をする予定だが、最初に教師主導でやり方を示す。その題材として36章を取り上げ、問題を作成してみた。

問題 ①「幸いなことにその状態は長く続きませんでした。私は一瞬間の後に、また人間らしい気分を取り戻しました。」について。
「私」にとってKの告白は自分の人生を左右するほどの重大な事件でした。だからそこ「一つの塊」になってしまったのです。それほど重大な事件に遭遇したのに、「その状態」が「長く続かなかったのはなぜでしょう。」根拠をもって答えなさい。

(解答)先生はKの告白を無意識うちに予期していたから。

(根拠)三十三章でお嬢さんとKが一緒に外出していたことに気づき冷静さを失っている。

(解説)お嬢さんとKが好意を持っていたのではないかという疑念を、先生はすでに持っていたはずである。三十三章ではお嬢さんとKが一緒に外出していたことに気づき冷静さを失っている。また三十五章では歌留多でKに加担するお嬢さんに冷静さを失っている。Kとお嬢さんの関係を警戒し、常に様々なことを心の中で用意していたのは明らかである。だから、ショックを受けつつも、すぐに冷静を取り戻すことができたのである。

 この章の二段落目に「私の予覚はまるでなかった」と書いているが、これはおかしい。Kがお嬢さんを好きになることは十分予想できはずである。それなのにそれを認めようとしなかったのが先生の弱さである。自分の都合のいいように物事を解釈しようとしているところが読みとれる。

問題②「相手は自分よりも強いのだという恐怖の念が兆し始めたのです。」について、
Kに対して「恐怖の念」が兆すほどになったのはなぜか。根拠をもって答えなさい。

(解答)Kはすべてのことに対して命がけであったのに対して、先生は財力には余裕があり、生活の苦労をする必要がなく、恋愛においても命がけにはなれなかった。よってKには勝てないと思ったから。

(根拠)先生は生活に苦労しなくてもよかった。それに対してKは先生の援助がなければ生きていけるかもわからないほどの状態であった。先生はKのように命がけでいきていくことはできなと思ったはずである。

(解説)先生はKに対する劣等感があったと考えられる。ではその劣等感の正体とは何か。先生は自分の家を捨てたとは言え、まだ財産が十分過ぎるほどあり生きていく分には何の苦労もなかった。それに対して、家も財産もKはすべてを捨てている。先生にとっては生活と学問は別物ととらえていいし、恋愛も生活や学問と別物ととらえてもいい。それに対してKにとっては生きていくことがすべてであり、学問も生活もすべてひとつのものなのだ。そこに恋愛が入り込めば、恋愛は生死をかけた戦いになるはずである。このように考えれば先生にとっての劣等感とは、自分が苦労しなくても生きていけるという、苦労を知らなくともすむという甘い環境にあると言える。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加