とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

フィギュアスケートは選手寿命が短すぎる

2017-12-25 07:08:33 | スポーツ
 テレビで フィギュアスケートの「全日本選手権」を見ながら考えていた。女子選手はほとんどが10代、男子も20代前半までである。さすがに選手寿命が短すぎる。

 なぜ選手寿命が短いのか。これは現在のフィギュアスケートが、ジャンプによって評価が最重要になっているからだ。女子選手の場合、ジャンプ力をつけようとすれば筋肉がついてしまい、体重が増える。体重が増えればさらにジャンプするために筋力をつけなければならず悪循環に陥ってしまう。減量しながら筋力をつけるのは厳しい。だから体が大人になる前に現役引退ということになってしまう。これは本当にいいことなのか。

 フィギュアスケートの未来のためにはあらたな種目を考えてもいいのではないか。今の競技はそれはそれでよいとして、ジャンプ力の必要がない芸術性と技術だけを採点基準とする種目があってもいい。そうすれば選手寿命が伸び、もっと世界的に人気がでるスポーツになるように感じられる。

 昔フィギュアスケートの最初の日に「規定」という技術だけの日があり、それが得点の一部になっていた。技術の正確性をしっかりと見ていた時代があったのだ。時代に合わせて柔軟に変化する勇気のある競技である。新たな展開があってもいいと私は考える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「フィギュアスケート・全日本選手権女子フリー」

2017-12-24 08:33:55 | スポーツ

 テレビで フィギュアスケートの「全日本選手権女子フリー」を見ていた。ほとんどが10代の選手で、その中で真剣に戦っている姿は感動があった。それぞれの選手に様々な心の動きがあり、それが同時進行しながら時間とともに変化していく状況は、言葉にならないドラマがあった。

 宮原知子さんはケガからの復帰であり、その中でほぼ完ぺきな演技ができた。日本のエースとしての存在を示してくれた。

 坂本花織さんは無邪気で天真爛漫な雰囲気がする。ジュニア時代からの逸材であり、これから伸びそうな予感をさせる選手だ。

 紀平梨花さんは、才能は抜群である。あきらかに次代の世界チャンピオン候補だろう。

 樋口新葉さんは、今回ちょっとしたミスがあったが、精神的な強さを感じさせる選手である。
三原舞依さんはショートのミスを取り返すすばらしい演技をしてくれた。

 本郷理華さんは身長が高いのでジャンプに苦労したのであろうが、その分表現力を磨き、独自の世界を表現していた。

 本田真凜さんは表現力はすばらしい。しかも華がある選手だ。

 すばらしい戦いを見ることができた。すべての選手に拍手を送りたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の長距離界に久々のスター誕生!

2017-12-04 15:58:18 | スポーツ
 福岡国際マラソンで大迫傑選手が、日本歴代5位となる2時間7分19秒で日本勢最高の3位に入った。日本の長距離界に久々のスターが誕生した。

 長距離界の不振が続いていた。アフリカ勢が圧倒的に強く、一方では日本選手が伸び悩んでいたために、長い間冬の時代が続いていた。そんな中できのうのレースは東京オリンピックに向けて大きな期待を抱かせてくれるものであった。確かに、昨日のレースは3位であり、世界の強豪は他にもたくさんいるわけなので、まだ大きな期待をかけるほどではないのかもしれない。しかし、大迫選手の記録は2回目のマラソンにしてはとてつもなくいいタイムであった。無表情に淡々と走る姿に、日本のマラソンランナーとしての伝統さえ感じられ、どうしても期待してしまう。しかも箱根駅伝のスターであり、日本人ならばすでに多くの人が知っている人物なのだ。どうしても注目してしまう。

 もちろん、これからの努力が大切なので贔屓の引き倒しのようなことにならないように周りが気を付けなければならない。しかし、久々のスター誕生に日本中がウキウキしてしまうのはしょうがあるまい。未来が明るく見えるような結果だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

死の組

2017-12-02 19:24:17 | スポーツ
 ワールドカップの1次予選の組が決定した。日本チームにはぜひがんばってもらいたい。

 日本は比較的恵まれたグループのように見える。しかし日本が一番実力的に劣っているように感じられる。とてもじゃないけど突破はむずかしい。言ってみればどこの組に入っても、日本にとっては「死の組」なのである。だからこそこの難関を突破してほしい。

 サッカーもどんどんレベルアップしてもはや広いピッチが狭く感じる。まじめに走り回るサッカーで世界を驚かせてほしい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浦和レッズおめでとう!

2017-11-26 17:56:48 | スポーツ
 きのうテレビでACLの決勝を見ていた。浦和レッズが見事な優勝をおさめ、クラブワールドカップの出場権も手に入れた。

 浦和レッズはいろいろなことで話題になるチームだ。昨シーズンは優勝確実だと思われていたのに失速して優勝を逃してしまった。人種差別発言などの問題もあった。サポーターのことで話題になることもある。確かに時にはマイナスイメージもありマスコミからたたかれることもあるが、それでも日本のJリーグチームの中ですべての面で別格の存在である。今回ACLに優勝したが、浦和以外の日本のチームがそれだけの爆発力があるようには思えないのだ。

 すぐにクラブワールドカップが始まる。今年も日本のチームが決勝まで残ってほしい。去年鹿島が残ったのはちょっと地元開催での有利さがあったと思う。今年はそうではない。だから厳しいとは思うが、それだけのことができるのはやっぱり浦和しかいない。試合が立て込み大変だろうが、そんな時こそ力が発揮できるチームだ。がんばってほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加