とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

1年前シリーズ ボブディラン「Blowin’ In The Wind」

2017-11-04 18:58:39 | 音楽
 1年前のブログを振り返るシリーズ。

 ピーターバラカンさんが書いた『ロックの英詞を読む』という本を拾い読みしている。ロックの詞の中でもメッセージ色の強い歌詞を集めてバラカン氏が解説してくれている本である。今回はノーベル賞受賞のボブディランの「Blowin’ In The Wind」

 ノーベル賞受賞と同時にボブディランの代表作としてさまざまな番組で紹介されていたので、繰り返す必要がないかもしれないが、歌詞の最初の部分を引用する。

  どれだけ多くの道を歩めば
  人は人として認められるのだろう
  どれだけ多くの海の上を飛べば
  白い鳩は砂浜の上で休めるのだろう
  どれだけ多くの砲弾が飛んだら
  使用が禁止されるのだろう
  The answer, my friend, is blowin' in the wind
  The answer is blowin' in the wind

 最後の英語の部分がサビになる。「答えは風の中にある」という歌詞は何を表現しているのであろう。私はずっとある種の「諦念」を描いているのかと思っていた。「諦念」を表現することによって人類の不条理を表現しているのだと思っていた。不条理を描くことにより社会を批判していると考えてきた。しかし事実は違うようである。

 このサビの部分について若きボブディランが発言している。Wikipediadから引用する。

  歌詞は、1962年に雑誌「シング・アウト!」に、ディランのコメントとともに掲載された。
  「この歌についちゃ、あまり言えることはないけど、ただ答えは風の中で吹かれているということだ。答えは本にも載ってないし、映画やテレビや討論会を見ても分からない。風の中にあるんだ、しかも風に吹かれちまっている。ヒップな奴らは『ここに答えがある』だの何だの言ってるが、俺は信用しねえ。俺にとっちゃ風にのっていて、しかも紙切れみたいに、いつかは地上に降りてこなきゃならない。でも、折角降りてきても、誰も拾って読もうとしないから、誰にも見られず理解されず、また飛んでいっちまう。世の中で一番の悪党は、間違っているものを見て、それが間違っていると頭でわかっていても、目を背けるやつだ。俺はまだ21歳だが、そういう大人が大勢いすぎることがわかっちまった。あんたら21歳以上の大人は、だいたい年長者だし、もっと頭がいいはずだろう。」


 「諦念」というよりも「反抗」「抗議」である。

 この部分についてバラカン氏は次のように書いている。

 またこの曲の邦題は「風に吹かれて」であすが、「吹かれて」というよりはむしろ風の中で「舞っている、ゆらめいている」というニュアンスのほうが近いでしょう。つまり、「答えはつかもうと思えば捕まえられる場所にある。答えのほうからやって来てくれるのではなく、自分で答えをつかみ取って解決しなければならないんだ」ということですね。

 こうなると積極的な活動を促す歌ということになる。

 もちろん歌詞なのだから曖昧な部分があり、どうとらえようと自由な部分はある。しかしこのようなとらえ方の違いに国民性がでているとも言えるのではないだろうか。それぞれの解釈にそれぞれの意義があり、それが重層性を生み、深い意味を帯びることになる。その意義は知れば知るほど歌の力が強くなるような気がする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Peter Hammill 歌詞イベント

2017-10-29 16:22:06 | 音楽
 今日も昨日に引き続きピーターハミルの歌詞についてのトークイベントに参加した。そのメモ。今日は時間についての話し合いだ。ピーターの歌詞では「NOW」という言葉が多く出てくる。

「NOW」に対するこだわりについての話となる。「NOW」は未来も過去も取り込んでいる。さらに人間が他の動物と違うのは時間の認識があるということである。今ここにいるということは、ピーターの音楽活動の中核にある思想なのだという気がしてきた。

 演奏というのは「今」そのものである。ピーターはこうも言っていた。「過去を裏切らないためにも、今を大切にすることが大切である。」なるほどピーターのライブは「今」を強く訴えており、その一期一会の感動があるからこそ、毎年のように行きたくなるのだ。

 そしてそうやって作られれた曲は、自分自身にフィードバックされる。ピーターは「曲が私を作った」といった。そしてその曲によって聞くものとつながることができる。「今」を大切にすることによって時空を超えることができるのだ。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Peter Hammill Lyrics Event (10/28 新宿)

2017-10-28 17:13:58 | 音楽
 ピーターハミルというベテランロックシンガーがいる。イギリス人であり、ソロでも活動しているし、ヴァンダーフラフというバンドも率いている。私のとても好きなシンガーだ。ピーターハミルはここ10年以上、毎年のように来日しており、毎年のように私も聞きに行っている。今年も来日した。今年はライブ以外に自身の歌詞について語るイベントも開催された。興味があったのでそれにも参加した。

 印象に残っている話は2つ。1つめは歌詞は自分自身の経験などから自身のストーリーとして作るけれども、それが完成し世に出た後は社会性を持ち、独り歩きし始める。だからもはや自分の手から離れた存在になるという話である。やはりそうだろうなと思った。だから同じ曲を歌っても、その時々で気持ちは全く違うものになる。そうピーターハミルのライブの醍醐味はそこにあるのだ。同じ曲でもまるで違う歌い方になる。

 2つめ。歌詞と普通の詩は違う。詩は1行でとどまることもできるが、歌詞は曲が始まってしまえば止めることができない。これは映画や演劇とも同じである。なるほど、だから歌詞にはドラマ性が含まれるわけだ。歌詞というのはひとつのジャンルとして独立してもいい。すばらいい表現ジャンルであると感じられた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョン・ウェットン

2017-01-31 23:11:24 | 音楽
ジョンウェットンが亡くなった。

なんといっても私にとってのジョンウェットンはキングクリムゾンの『レッド』だった。
LPレコードで何度も聞き、それを録音したカセットテープで何度も聞き、CDで何度も聞き、そしてiPodで何度も聞いた。
武骨な感じの歌い方は、上手い下手を超えた不思議なロックらしさを感じさせた。

プログレッシブロックに遅れて登場し、いちばん「プログレ」のブランドに生かされていた人のように感じる。
いい人だったんだろうな。

ご冥福をお祈りする。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピーター・ハミル

2016-11-23 10:19:29 | 音楽
 11月9日~13日までピーター・ハミルが来日公演を行った。

 ピーター・ハミルというのは、イギリスのロック歌手で、「ヴァンダー・グラフ・ジェネレーター」というプログレバンドのヴォーカルとして1970年代から活動している人である。当時からソロ活動も並行しておこなっており、今もソロの活動をメインにしながらも、「ヴァンダー・グラフ・ジェネレーター」の活動も行っている。来日公演の際は、たった一人でピアノ、もしくはギターを弾きながらの公演になるのが、通常のパターンであ。ここしばらくは毎年のように来日している。

 私もほぼ毎年聞きに行っている。今年は11日から13日までの3日間行った。ライブハウスでの公演で、観客は100人に満たないが満員状態だ。毎日違う曲目が歌われ、しかもその歌い方は、毎日のように変化していく。一期一会という言葉を実践している生演奏である。観客は静かに聞き、歌い終わると熱狂的な拍手が起きる。「濃密な時間」という言葉がこれほど当てはまる空間はない。

 私がピーター・ハミルを最初に知ったのは、中学生のころであった。そして今までもう40年近くになる。中学、高校時代に出会ったものは、今でも自分にとっての骨と肉になっている。自分の土台になるものを大切にしながら、新しいものに積極的に挑戦する、そんな一期一会を大切にしていきたいと感じるライブ体験だった。

 ピーター・ハミルがこれからも来日公演を繰り返すことを期待しつつ、新しいことに挑戦し続けることを見守っていきたい。そして、自分もそれに刺激を受けて、日々の生活を挑戦し続けたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加