とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

夏目漱石『夢十夜』「第一夜」の授業

2017-09-08 10:53:43 | 国語
 夏目漱石の『夢十夜』の授業を行いました。高校3年生に対しての授業です。最初から細かく読むのではなく、大きな問いをひとつ与えて班で討議させ、発表させました。問いは
「『自分』にとって『百年』『待つ』とはどういうことか。」
 この問いについて根拠を示して回答しなさいというものです。かなり難しい。私もどう答えるのが正解かはわかりません。生徒は前向きに考えてくれて、様々な答えを出してくれました。そしてその様々な答えに刺激されて新たな答えを導き出した。刺激的な時間になました。

 最初に出てきた解答が
「『百合』という字は『百』と『合』という字が使われている。『百合』は『女』の象徴であり、『百年』『待つ』とは死後にもう一度出会うということを示しているのだ。」
というものでした。

 それに対して新たな意見がでます。
「『百年』『待つ』とは死後にもう一度出会うという意味では同じだが、『女』が死ぬ間際に涙を流す。その涙ははるか上から落ちてきた露と同じものであろう。だから、『女』は暁の星になったのではないか。」
という意見が出てきます。

 すると少し角度を変えた意見が出てきました。
「集中している時は時間が早く進んでいく。『自分』は『女』の言葉を信じていた。純粋に信じていたからこそ時間があっという間に過ぎていったのだ。」
という意見が出ます。だとすると「百年」「待つ」とはどういうことなのか、まで答えてくれればさらに発展したのですが、残念ながらこの指摘で終わってしまいました。しかしいい意見です。

 ところが文中終わり近くに「自分は女にだまされたのではなかろうか」という箇所が出てきます。そこを取り上げて意見が出てきます。
「この不信こそが、『自分』の『女』への愛だったのではないか。」
と言うものです。かなり哲学的です。わかったようなわからないような解答ですが、おもしろい方向に進む可能性のある答えです。

 時間がなくなってきた時に、
「『自分』が見ているすべての光景が実は『女』だったのではないか」
という意見が出てきました。おもしろい意見です。

 教えることが目的でなく、発見し発展的に考えることを目指していた授業なので、かなりうまくいったのではないかと思います。さらにもう一歩考えてもらう手立てを考え中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「『である』ことと『する』こと」⑦(「『である』ことと『する』こと」の何がいけないのか)

2017-09-07 09:30:31 | 国語
 丸山眞夫氏の「『である』ことと『する』こと」はおもしろい内容の文章ではあります。現代にも通じる問題でもあり、大いに考えさせられます。その意味ですばらしい文章です。しかし、私はこれは高校生の読む評論の問題としてはふさわしくないと思っています。それはなぜか。「『である』ことと『する』こと」は評論ではなく、エッセイだからです。

 この文章何がいいたいのか最後までわかりません。

 最初は「する」ことが現代の日本に浸透していないことを批判しているような書き出しから始まります。多くの人は近代化できない日本人の批判のように読むわけです。しかし、それがいつの間にか違ってきます。問題は日本の急激な近代化なのであり、そのせいで「『である』価値」と「『する』価値」が倒錯しているのだという展開を見せるのです。このあたりから根拠が不明瞭になり、論が入り乱れます。だから結局何がいいたいのかがわからない。そして結論としては「ラディカルな精神貴族主義がラディカルな民主主義と内面的に結びつく」ことが現代日本では要求されると言います。この主張には根拠がありません。唐突すぎます。

 さらに言えば最近のアメリカやヨーロッパの状況を見ると「『である」論理』が復活しています。一見すると日本よりも内向きになっているようにも感じられます。一方では日本よりも近代化の遅れた国々もたくさんあります。その中でこういう単純化した論理でいいのかというとそうとは思えません。もはや時代遅れの文章と言ってもいいかもしれないのです。

 もちろん「『である』ことと『する』こと」が価値がないと言っているわけではありません。学ぶべき点は多くあります。しかし、これが現代の高校生が国語の授業の中で扱う文章としてはふさわしくないのではないかと、思えてきたのです。

 時間があればもっと深く考え、それをまとめてみたいと思います。今回はここまでといたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バールのようなもの

2017-08-25 17:08:59 | 国語
 普段当たり前に使っている自分の言葉を改めて考えてみると、実はそんなに当たり前ではなかったということがたまに遭遇する。当たり前が当たり前でないことが気づいたとき、当たり前ってなんだったのかを考え始める。それがメタ認知である。母語の教育にはそうした当たり前が当たり前でなくなることに気づかせることが時に重要になる。それをしないでいると、いつの間にか袋小路に入ってしまう。

 そんな中で先日聞いたネタ。

 「バールのようなもの」

 「バールのようなもの」というのはそのまま読めば「バール」ではないはずである。しかし、
「被害者はバールのようなもので殴られた。」
と言った時、バールである可能性がないわけではない。いやバールの可能性のほうが高いのではないか。だとすると「バールのようなもの」という表現はなんなのだ、という問題が残る表現である。

 清水義則がこのタイトルで小説を書いている。そして立川志の輔が落語にしている。私はまだ読んでないし、聞いてもいないが、早急に読んで、聞いてみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立石寺の蝉論争

2017-08-16 18:52:28 | 国語
 朝日新聞の天声人語を読んでいたら懐かしい話が出ていた。昔、学生時代に教わった『奥の細道』の中の立石寺の蝉についての論争である。少し引用させてもらう。

 元禄の昔、芭蕉は出羽の旅で〈閑(しずか)さや岩にしみ入る蝉(せみ)の声〉と吟じた。では実際に耳にしたのは何ゼミか。威勢よく「ジリジリ」と鳴くアブラゼミだと主張したのは歌人斎藤茂吉。独文学者小宮豊隆は「チーー」と細い声のニイニイゼミ説を唱えた▼芭蕉に遅れること二百数十年、茂吉は同じ季節に同じ寺を訪ねた。別の折には現地で捕れたセミの標本も調べた。粘りに粘るが、最後は「私の結論には道程に落ち度があった」と降参した▼「時期や標高からするとアブラゼミ説よりニイニイゼミ説に理があります」と昆虫学者の林正美・埼玉大名誉教授。ましてヒグラシの「カナカナカナ」やエゾハルゼミの「ミョーキン、ケケケ」では岩にしみ入る感じがしないと話す。

 この論争に対して、「蝉」は「蝉」なのだからそれ以上の詮索をしないというのが詩歌の正しい解釈だというのが、現在の大勢である。詩的表現というのは曖昧性があるからこそ、解釈の広がりがある。だからそれを限定してはいけないという考え方である。

 もちろん、それは正しい。

 ただし、わたしがほぼ同時期に立石寺に行ったときに鳴いていたのがヒグラシだった。そしてそのヒグラシの鳴き声は「岩にしみ入る」という表現にピッタリだったのである。これを経験した私は、どうしてもヒグラシ説をとりたくなる。林教授の「岩にしみ入る感じがしない」という意見は納得しがたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍公房「鞄」①

2017-07-03 18:48:19 | 国語
 安倍公房の「鞄」が高校現代文の教科書に載っている。この「鞄」について考える。その1回目。

【問題1】
青年は求人広告が出て応募してくるまでなぜ半年後もかかったのか。半年間何をしてきたのか。

【問題1の考察】
 青年の言葉によると、
「さんざん迷ったあげく、一種の消去法と言いますか、けっきょくここしかないことがわかった」
 ということである。半年間迷っていたから、応募に時間がかかったということになる。

 では何を迷っていたのか、
「この鞄のせいでしょうね。」
 と、鞄のせいで迷っていたという。そして、
「ぼくの体力とバランスが取れすぎているんです。ただ歩いているぶんには、楽に運べるのですが、ちょっとでも急な坂だとか階段のある道にさしかかると、もう駄目なんです。おかげで、運ぶことのできる道が、おのずから制約されてしまうわけですね。鞄の重さが、ぼくの行き先を決めてしまうのです。」
 と言う。鞄の重さによって行動範囲が制限され、制限された自分の範囲内で求人を出していたのがこの会社しかないために応募したという主張である。鞄を持った自分の行動範囲を確かめるために半年かかったことになる。

 するとその鞄を持たなければいいのではないかと誰もが考える。そこで
「なぜそんな無理してまで、鞄を持ち歩く必要があるのか・・・・。」
 と「私」がたずねると、
「無理なんかしていません。あくまで自発的にやっていることです。やめようと思えば、いつだってやめられるからこそ、やめないのです。強制されてこんな馬鹿なことができるものですか。」
 と答える。ここに大きな論理的な問題が生じている。

「この鞄をもつのをやめようと思えばやめられるからこそ、この鞄をもつことをやめない。」
という、この理屈は成立するのか。あきらかに無理がある。無理があるが、人間として思い当たることがないわけでもないからこそ、否定しきるわけにはいかないテーゼである。

「いつでもやめらるからこそ、やめない」もの我々の身近に何があるだろうかを考えてみよう。(宿題)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加