[NPO法人 禁煙推進の会 兵庫さんだ] 子ども達の喫煙防止・薬物乱用撲滅教育を進めます。

青少年の健全育成は大人の責任です。私達は子ども達を守る喫煙防止薬物乱用撲滅教育を進めるため無料で出前教室を続けています。

受動喫煙防止条例の早期実現を!!

2017-07-01 11:06:46 | 健康

東京都議選でも争点の一つとなりそうな受動喫煙防止策。1981年世界で初めて受動喫煙の健康被害を論文で世に問うたのは日本の研究者だったのに、今では先進国で最も対策が遅れた国に成り下がった。受動喫煙で亡くなる人は年間約1万5000人となり、交通事故死4000人の3倍以上である。受動喫煙との因果関係が確立されつつある乳がんによる死亡も含めたらさらにこの数字は増えることになる。日本では2003年に健康増進法で受動喫煙の防止が「努力義務」とされたが、それから10年以上経っても、飲食店で41.4%職場で30.9%の人が受動喫煙に遭っている。世界188か国中、公共の場で屋内全面禁煙を義務付けた法律があるのは49か国。この中に含まれていない日本は、世界保健機関(WHO)の分類で世界最低レベルの受動喫煙環境と評価されている情けないことである。東京五輪を目前に受動喫煙防止に取り組んできた塩崎恭久厚生労働相は閣議後会見で、他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙の対策を強化する健康増進法改正案について、今国会での成立を断念したことを正式に表明した。自民党と合意が至らなかった秋にも想定される臨時国会での成立を目指すという。喫煙天国日本の汚名を返上する道のりは遠い!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月25日(日)のつぶやき | トップ | 7月1日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。