あれやこれやの ドタバタ日記

横浜に住む BBです。

< ミュンヘンに移動します >

2018年02月22日 | 日記
今日のヴェニスは雨です。風もあります。

この旅、初めての傘の登場です。寒いです。

さて 朝食です。
係の女性達とも 3日目ともなるとすっかり顔なじみになります

今朝は、係りの女性の一人に
『ヴェニスでの最後の朝食だわ。おいおいおいおい〜〜!』と泣いてみせたら 大笑いされちゃった。
『そんな事言わないで、また、すぐにいらしてね。』って言ってくれました。




この25段の階段を上り下りしないと 船着場に行けません。

リュックだけなら良いのですが、トランを持って、リュック背負って、雨で傘をさして
っとなると うひゃ〜〜〜〜!です。


荷物をホテルに預けて、午後の1時まで散策です。

散策と言っても、あぁ〜〜た! 寒いのなんの!って。
宮殿に入りました。


ババが好きな画家の素敵な天井画です。

宮殿の中庭にある、階段です。

階段、一段一段の飾りが綺麗です。


宮殿を出て、向かいの美術館に入ります。

本当は、もっとゆっくり時間があったら良かったのですが、
1時間ほどで タイムアウトです。

空港行きの船に初めて乗ります。いつもは陸上からバスです。



飛行場につきました。

バス停でなく 船着き場です。 不思議な感覚で 空港に着きました。


ヴェニスの風景に挟まれて、出国のためのエスカレーターに乗ります。



綺麗な空港です。



まだまだ2時間ほど出国まで時間があります。

ジジは空港探索に。

B Bは 荷物番です。 
ひょい!とリュックを持って行かれても困るので、
両手でガードです。



1時間ほど、飛行機に乗って、ミュンヘンに着きました。


あっちゃ〜〜! ミュンヘンは雪です。



本当は、このまま20時の飛行機で日本に帰ることもできたのですが、

やっぱり年です。
一泊しないと、体が持ちません。

そして、明日は、街の中心に1時間程で電車に乗って、 美術館を2つやっつけます。

明日は、ど〜〜ぞ、雪が降りませんよう〜〜〜に。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

< ヴェニス3日目です >

2018年02月21日 | 旅行
今日のヴェニスも寒いです。
曇り空です。(涙)

さて、
朝の食事をして、今日は教会巡りです。


ここは病院です。

救急車となる救急船が ここに待機しています。

救急車(もちろん船ですが)病人を搬送してくると この右から左にキャスターが移動します。

その時には、きっと右の信号は 『赤』になるのだと思います。車が走ってくるわけではありませんが。

左のこの奥にキャスターは搬送されていきます。(多分!)


病院の中庭、廊下を猫ちゃんが歩いていたり、走っていたりと不思議な光景です。



さて、教会です。


教会はお墓の蓋が床に敷いてあります。

B Bもジジも どうもこの上を踏んで歩くのが苦手です。
亡くなった人に悪い様でね。


そろそろB Bも膝が痛み出しましたが、 このおばあちゃんも膝にサポーターをはめて
おじいちゃんと教会巡りをしていました。



船に乗ると、この扉を閉めて室内に入りますが、この扉を閉める人、そのままの人が居て
今日みたいな風が強く、寒い日は 扉を閉めてほしいな〜!



美しい絵です。


この教会のこの木像 とても苦しい格好をしています。
B Bもやってみましたが、難しいですよ。



さて 今日のお昼です。
ジジが「生の魚は嫌だな!』という事で
二人で分け合って、
一皿目。

お魚や海老や貝の盛り合わせです。

二皿目は
スズキの塩焼きを中心にマグロのステーキ、そのほかの盛り合わせ。


なんとか頑張って食べました。


船は72時間の券を買っていますが、乗るたびにこの機械にピ!っとさらします。
それでないと罰金60ユーロですって。要するに有効券と時間切れで無効になった券の音声が異なるので、
不正を皆んなに監視して貰っている様なものです。



お菓子屋さんのディスプレーです。全部お菓子だよね。きっと!



ゴンドラです。


飾りがとても綺麗です。寒いので客がなかなか見つかりません。
ジジババは一度も乗った事がありません。




街のワンコちゃん。

出会って、黒い毛並みのワンコちゃん
『ヘソ天』して 飼い主さんの叱られていました。



街でよく見かける、『チュ!』
皆 珍しくないのでしょうが、B Bは ついつい目を逸らしてしまいます。

って、写真撮ってんじゃん!てへ!



ドラちゃん。 洗濯物は ご推察通りに 滑車で動かして干しています。



ムラーノ島に行きました
ムラーノ島はヴェネチアグラスで有名です。


しかし、このイカ よくできていましたね〜!


目的の教会は閉まっていました!(涙)




紅エスカレーター!

ここは昔は、ポストオフィスでしたが、すっかり香港出資の免税デパートになっていまして、
たくさんの、本当に沢山の中国人がお買い物をしていました。

そのてっぺんのテラスからの眺めです。
昨日載せた 手のオブジェが遠くに見えます。


『えっ!おいらのウンチ、拾わないの?!』

ほんまや〜! 拾え! です。


よく出来た出店です。
営業中は


閉店中は

となります。



これはパフォーマンス? 船の中からの撮影でよくわかりませんが…。



今日は遠くのワンコちゃんを眺めている しーちゃんとりゅうしゃんです。



日曜日の午後に迎えに行くことにしました。

しーちゃんが『返したくない!』と言っています。(そりゃ困るワン!)















コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

< ヴェニス2日目です >

2018年02月20日 | 旅行
ヴェニスは、この旅で、一番寒く感じる都市です。
今日も寒かったです。ヒートテックのタイツに、手袋までしました。

さて、ゆっくり起きて、美術館に行きました。

街の美術館の宣伝に やっぱりこういうイタズラ書きをする輩がいるのね。
おもろいけれど!てへ!



美術館前のトイレです。
な、な、なんと一回の利用で 日本円で¥210くらいですが、高いね〜。
しかも、日本の公衆トイレの方が、ずっと綺麗な様です。



さて、美術館は早めの入館だったので、 数名のお客さま。 貸し切り状態です。
うれしい贅沢だわ〜〜!

子供の歌声が可愛いの!



いつも思うのですが、 下書きの線、 その上から絵を重ねて描くのですが
下書きの線が見えても 気にならないのかしらね?

んっま、それ以上に圧巻だから、気にしなくてもいいのかな?


B Bはこの器の綺麗さにうっとり!です。



楽器を扱うときは、こういう風に真剣な顔になりますよね。



じじの好きな、ボッシュ展をやっていたので、大喜びです。


また B Bもじじも好きな『アイエス』展も特別展で開催されていたので、喜びましたが
以前、ミラノで見た特別展には及びませんでした。残念。



羊の首で ワンコと遊んでいます〜〜!びっくりだぞ!



さて、一時が過ぎました。
今日は、たっぷり海鮮を食べるぞ〜!

前菜は魚介類の盛り合わせ。全て生です。


お醤油がないかしら?と聞くと
『ちょっと待っていて、お醤油じゃないけれど、これはどう?』
と持ってきてくれたのが これです。


お醤油色だけれど、味は甘めの味で、やっぱりワサビとお醤油で食べたいわん。
でも、美味しかったですがね。

2皿目は 白身のお魚を蒸したもの。野菜に隠れていました。


これも美味しかったです。


ちなみにこのお野菜。お腹がいっぱいで残しましたが、『アーティチョーク』で
日本では、あまり食べませんが、最初、イワシのつみれかと思っちゃいました。
お腹いっぱいだったので、残しましたが、書いている今は、食べておけばよかった!とちょっと後悔




階段は、 こうして登り


こうやって降ります。




お腹も一杯になったので 教会巡りをしました。




その後3時過ぎから、朝に入った美術館が再び開いたので(お昼休みに閉まっちゃいましたので)
再度美術館に行きました。



その後、船に乗って鉄道駅まで。

船はこの椅子の下に救命胴衣が入っていますが、いざとなったら、子供、女性を先に助けるかしら?
私は、じじと一緒でいいけれどね。うふん。



これは絵画に使う顔料です。 綺麗ですね。



街のゴミはこうして丁寧に集めます。


そのヴェニス。 こういう風にしてほしい。との看板。

自転車がダメなのですね。
でも、これほど、橋があったら、自転車を持ち上げている方が多く、疲れるでしょうね。
それに老人はヴェニスで暮らすのが大変だ!と思いました。


ヴェニス来るたびに ここのオブジェが変わっていますが、
今回は、こういうのでした。 ちと 怖いぞ!



海の杭は ホワイトアスパラガスに見えます。


今日の看板犬です。




りゅうしゃんは しーちゃんに 感謝の『チュ!』です。
可愛いわ〜!


すっかり日が落ちました。




コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

< ヴェニスに移動です >

2018年02月19日 | 旅行
今日は 11時45分の高速列車、「赤い矢」に乗るまで ミラノの教会を散策。

月曜日。 街は仕事のスタートで賑やかです。


ミラノの教会を時間まで見て回ります。






こう言う日は、快晴だと 教会に日が射して 窓からの明かりで 絵がよく見えるのですが、
今日は薄曇り、残念です。


さて、少し遅くなりました。ミラノ駅に急ぎます。
10階の窓に 長〜〜〜〜〜〜い梯子をかけています。

(わかるかな?)

一人乗りの車です。 駐車もしやすそうですが、ぶつかったらイチコロね。



携帯電話が溢れている世の中。 珍しく公衆電話が4台もありました。



山の少ないイタリア。広い土地が多い中、珍しく二階建ての駐車場を見かけました。



もう来る事のないミラノです。
レイコさんが頑張っています、お元気でね。
ミラノ駅です。



イタリアの大きな中央駅。乗車するには、この門でチケットチェックを受けます。
不審者がホームに立ち入らない処置のようです。

こうすると、ジプシーからの窃盗も防げます。(ほっ!)


車窓から 日が射してきました。


この奥が サイレント車。 携帯禁止。おしゃべりも静かに!です。


確かにイタリア人の携帯電話。本当に大声で、遠慮なくいつまでも話しています。
眠れないよ〜〜!


ちょっとした写真がおしゃれです。
コーヒーカップのピアス。 コヒーを売っているのですが、おしゃれじゃない?




無事にヴェニスに到着です。




ホテルに荷物を置いて、街に繰り出します。
ホテルの近くの教会に行って見ましたが、残念。開いていませんでした。
空がパステル色で綺麗です。



洗濯物が盛大に。何人家族でしょうか? マンマは大変です。



このこ、振り向いたら秋田犬と大きな犬の掛け合わせ?のような顔をしていました。




玄関ベルの可愛いこと。






帰り道、太陽が沈み始めました。




すっかり日が沈みました。


おやすみなさい。







コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

< ミラノ3日目です。 >

2018年02月18日 | 旅行
今日のミラノは、薄曇りです。


日本の金沢を宣伝をしている電車です。

朝の空いている時に大聖堂に入って 塔(実際は屋根)にも登ろうと行きました。


街は早くからお店の掃除をしているところが多いです。

自分たちでそうじをする所と、業者を雇って、ガラスをきれいにしたり、床を磨いたりしています。



大聖堂前の広場では、お水を使って大掃除



広場は、『鳩にエサをやるな!』『階段に座るな!』『ゴミを捨てるな!』って。



まず、大聖堂に入るための券を長い時間をかけてゲット。
その後、並んで入り、大聖堂の中を見て、塔に上りました。

小塔の一部がきれいですが


ここをきれいにするのには、心臓がよっぽど強くないと、B Bにはダメです。



2245体の彫像には、背中に避雷針を背負っているものもあります。



塔を降りてくると、すでに大聖堂に入る入り口には、大変な人の列が。


これが夏のシーズンだったら、どれほどの人が集まるのでしょうか?


大聖堂を見て12時です。 お腹が空きません。
今日は美味しい海鮮料理を食べる予定。
では、お腹が空くまで 一つ美術館を見てきましょう。
って、



見た後に、海鮮レストランに行ったら、『今日は仕入れた食材が全て終わったので、おしまい!』
って、言われちゃんったの〜〜! 大泣き!

仕方ない、あっちこっちレストランを探しましたが、いい所がなく 
結局ホテルに帰って、カップヌードルを食べて、夕食に期待をすることに。

電車で ドラちゃんの言う『最後の晩餐』の絵のある、教会に行きました。
(最後の晩餐のチィケットは完売していました。)
この最後の晩餐は、あまり期待をしている作品ではないので、ガックリしませんでしたがね。

近くの教会をちょこちょこ覗きながら、


夕食の食材を買いに行きましたら、
『ショック!』
日曜日の夕方は早めにお店が締まるようです、もうシャッターの降りたお店でした。 大泣き!
これで、今夜の夕食は、ホテルでご飯と、味噌汁と 缶詰でした。
海鮮食べたかったな〜〜!


この自転車、でどこまでも観光です。


浅草の若者が走る人力車は人気が出るでしょうね。


男性もお化粧する時代?



桜かと思ったら、アーモンドの木のようです。



街のピアスも、傘が一つ役に立ちます。



牛がさか立ちしているオブジェ。どうと言うことないですが、皆写真を撮っていました。



大聖堂の広場の床は、こんなにきれいだったのですね。



どけい屋さんのシャッターです。 お店が何屋さんかがすぐに分かりますね。




今日もお利口ちゃんなワンコちゃんです。



そして、今日も仲良し、しーちゃんとりゅうしゃんです。






りゅうしゃんの歯が抜けたのでは?っと心配していましたが、落ちていたのが 歯に似ていたのでそう思ったようです。
でも、もう歯も抜けても いい年齢になってきたね。りゅうしゃんも 。

今回は ワンコちゃん苦手のお婿ちゃんも 何回もお散歩に行ってくれているようで、本当に感謝ですわんわん。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加