団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

フォト&幻想 バリ・ユダヤナ大学日本文学専攻の学生とのお話

2017-08-13 10:01:33 | フォト&幻想

ワヤンはバリ・ユダヤナ大学日本文学専攻の学生で22歳、卒業論文テーマ「大和和紀の漫画、源氏物語 あさきゆめみし」を執筆中。

 「日本語って難しいですね、例えば蕎麦を手繰ると云うでしょ、直訳英語ではPull in the buckwheatだけどそれだと変で、eat buckwheatの意味でしょ。」とワヤンが尋ねる。

俺はPCのgoogle翻訳を見ながら「茶をすするは直訳するとSip teaだけどdrink teaだよ、タバコを咽むは直訳するとSneak a cigaretteだけどsmokeだよ。
弁当を使うは直訳だとUse a lunch boxだけど eat a boxed lunchのことで、そんな例はいっぱいあるよ」
「なぜそんなややこしいことするの」とワヤンがうんざりした顔で云う。
「そんな難しい言葉覚える必要ないよ、実用上差し支えない」と俺。
「卒論の教授はそれが大事だって言ってた」とワヤン。
「そう・・・」と俺は30年前に順天堂大学病院に入院中、ロビーで日本語を教えた若いエジプト人女性を思い出した。彼女もいち、に、さんとだけ覚えればいいものをヒーフーミーだとか難しい数の読み方にこだわっていたな。
 
写真はhttps://middle-edge.jp/articles/Jasyyより転載。
 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォト&幻想 サヌールの高... | トップ | フォト&幻想 盲目の唄い手 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フォト&幻想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。