団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

「トラトラトラ」は何の意味かと尋ねられて 安倍晋三首相真珠湾訪問で追記

2016-12-28 10:26:14 | 気になるニュース

写真はwiki転載

バリ島に滞在中いつものようにプールで水中歩行しているとプール友達のスペイン人ホセに「トラトラトラ」は何の意味かと尋ねられた。海外では日本では思いも寄らぬ質問が飛んでくる。太平洋戦争の開始を告げる真珠湾攻撃時に「我、奇襲ニ成功セリ」を知らせる電文の意味は知っての上での質問だと思ったのでとっさに「モールスを知っているか」と手で電鍵を叩く仕草をして見せるとなんとホセは判るという。さすが元スペインの情報官だ。私も高校時代にモールス信号を覚えて知っている。

トラトラトラという言葉に特に意味は無くて、モールス信号の叩きやすさから選ばれた文字の組み合わせではなかろうか、と答えた。「トラトラトラ」はモールスでは・・-・・ ・・・ ・・-・・ ・・・ ・・-・・ ・・・となる。覚えやすくて響きが単純だ。ちょうどSOS信号が・・・---・・・とシンプルで判別しやすいのと同じではないかと考えたからだ。


気になるのでネットで調べてみると海軍航空隊が「ト連送」なる信号を用いていたことを初めて知った。「ト連送」はトというモールス信号を連続して送ることで航空機に対する突撃開始の命令になる。・・-・・ ・・-・・ ・・-・・と繰り返し信号を送り続けるので当時の通信技術でも間違いなく認識できる。トは突撃のトだが、こうしてモールスを並べてみると突撃ラッパの「トテチーテタ」のように聞こえてくる。

トラトラトラは「ト連送」から派生したもので「トラ連送」と呼ばれ「我、奇襲ニ成功セリ」になる。なぜトのあとにラがくるのかで諸説あるようだ。薀蓄派では聖徳太子までさかのぼっているものもある。あるいはラは・・・で和文ではラだが欧文ではsとなり、suceededのsだというものもあった。航空機の操縦席から極めて緊迫した状況で電鍵を叩くのだから簡単で覚えやすくなければならない。ラは・・・と簡単でsuceededのsにも通じる。こんなところが真実ではなかろうかと思える。それに付け加えて、なによりもこの響きがいかにも成功した興奮を伝えるのにふさわしいと私には感じられる。

のちに高校時代の同窓の集まりでトラトラトラの意味を集まった数人に問いかけてみた。いずれも一級通信士で大型船舶の通信長経験者だ。彼らの回答は経験者ならではのもので共通して電鍵がたたきやすいことだ各説はあとでつけたものではないかと答えた。正式の史料による説明はどこにもないようだ。

「ト連送」の後の長く続く長音は悲壮な意味をもつことも合わせて知った。特攻隊が電鍵を押したまま敵艦に突撃していくので・・-・・ ・・-・・ ・・-・・の後に途切れの無い長音が続き、玉砕か撃墜されたか、いずれにしても命を落とした瞬間にその長音が終わる。

永遠のゼロを見て新たな知識を得た。宮部久蔵の特攻志願の謎を知る通信兵の話の中で出てくる。特攻が敵艦を発見した時はラ連送・・・・・・・・・・・・・・・になり、その後長く長音が特攻開始を意味する。その長音を通信兵がストップウオッチではかり、短時間で止めば機は撃墜されたことを、長い長音の後に止めば敵艦に特攻が成功したことを意味すると。この長音は残酷な音なのだ。臨終を示す生体情報モニターの音が同じ長音なのもなにかの偶然か。

参考

日本時間の1941年12月2日、日本海軍連合艦隊司令長官の山本五十六は、北太平洋上を航行中の機動部隊に対し「新高山登レ1208(ニイタカヤマノボレヒトフタマルハチ)」という暗号電を送信した。この暗号は同12月8日に米国ハワイの米軍艦艇、施設、基地を攻撃せよとの命令で、航空母艦(空母)6隻を含む機動部隊はただちに攻撃準備を開始した。

 真珠湾攻撃に向かった機動部隊は、南雲忠一中将を指揮官に、大型空母「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」「瑞鶴」「翔鶴」、戦艦「比叡」「霧島」、巡洋艦「利根」「筑摩」「阿武隈」などを主力とし、空母に搭載された攻撃航空部隊も戦闘機120機、攻撃機144機、爆撃機135機の合計399機という一大戦力だった。

日本時間1941年12月8日午前3時10分、オアフ島カフク岬に達した第1次攻撃隊の総指揮官・淵田美津雄中佐は、米軍の迎撃がないことを確信。搭乗機から信号拳銃を発射し、各隊に「奇襲」(敵の反撃がない状況で攻撃を仕掛けること)の要領で展開するよう指示した。

 同3時19分、(ハワイ時間で午前7時49分)淵田中佐は無電で「全軍突撃せよ」を意味するモールス信号のト連送を攻撃隊の各機に発信、続いて同3時22分、機動部隊に向け「奇襲成功」の略語であるトラ連送を送信した。この電文が、後に「われ奇襲に成功せり。トラ、トラ、トラ」として世に知られるようになった。(ちなみにこの電文を受信したには戦艦長門だ。米軍戦艦からはSOSが連打された)http://www.jiji.com/jc/v4?id=20141206pearl_harbor_attack0003

 

2016/12/28 ハワイ・ホノルル(CNN) 安倍晋三首相は27日、オバマ米大統領とともに米ハワイの真珠湾を訪れ、75年前の日本軍の攻撃による犠牲者を追悼した。過去記事を加筆。

初稿 2011/3/8 永遠のゼロを見て追記2015/10/31



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽光発電道路 Wattway、国... | トップ | 根津甚八没 観た映画を思い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。