団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

フォト&幻想 伝統を伝えるバリ

2017-07-16 08:29:25 | フォト&幻想

サト、ドァ、ティガ、ウンパとバンジャールの集会所から掛け声が聞こえてくるので思わず覗いてみる。

20代の黒っぽい練習着の女性が子どもたちに伝統のバリダンスを教えている。

子どもたちの目は真剣だ。5歳から12歳くらいの女の子が手を伸ばし腰をひねり特有のシナを学んでいく。

少し歩くと又違った集会所でガムランの音が聞こえてきた。

今度は男の子ばかりで先生役も男性だ。

子どもたちは譜がないので思い思いに演奏しているがガムランになっている。

各自の楽器が思い思いに入っていき全体としてはガムランに聞こえる。

又少しあるくと闘鶏を練習で戦わせている。ケヅメにナイフをつけていないのでスパーリングといったところか。

日本ではもうすでに廃れたが、バリでは伝統芸能が継承されていくさまを垣間見ることができる。

つまりはヒンドゥ教が背景にある限り伝統芸能は廃れることはないということだろう。(闘鶏も含めて)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォト&幻想 写真を雨夜の... | トップ | フォト&幻想 ビリンバウ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。