団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

フォト&幻想 機中で妄想

2017-07-12 12:45:49 | フォト&幻想

機が降下を始め何気なくお茶のペットボトルを見ると随分ひしゃげている。南米で確か4000メートルから降りたときも同じ光景を見た。つまりそれだけの気圧落差があるってことか。機は与圧で調整をしているはずだけど。ひょっとしてこの機特有の問題かなどと思う。

気圧が低いと非現実的な妄想が湧きやすい。チベットでもそうだという。

下界に雲が広がっているのを眺めているあいだにこんな幻想を見た。

3人が話しあっている。たったいま昇天したばかりのようだ。

一人は超大金持ちの実業家。

昇天してみると俺の一生は一体何だったのだと思う。

志をたてて必死に頑張ってきたがなんだか違うんだよね。

一人は長い懲役の末に獄中で昇天した男。

お前も俺もよく似てるな。

獄中でのストイックな生活、家族との時間が皆無、自由もない。

違いは自分で求めたか強制されたかだね。

本質はあまり変わらん。

一人はしょぼいウェイター風の男。

黒い瞳って映画みたか。あれはおれがモデルになってるんだ。

愛する人の黒い瞳と肌の感触、ここでも俺の心を温めてくれる。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォト&幻想 シカゴのオス... | トップ | フォト&幻想 マラケシュの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。