団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

ロスト 1 思い出を解放するために集まる

2017-02-08 10:15:55 | 映画・音楽・読書・宗教

 ロストを見終わった。一話45分で121話と長い物語を楽しんだ。フラッシュバック、フラッシュフォワード、フラッシュサイドウェイと話が飛び、しかもタイムトリップまでする。話の筋をおう吐迷ってしまう。まさにロストだがそんなことはあまり過度に考えないことだ。121話90時間を楽しんで見終えた。最後が感動的でありすぐれた作品になっている。最後の場面でジャックと父クリスチャンとの会話をメモしておく。思い出を解放するために集まるとは・・・

 

クリスチャン: やあ。

ジャック: 父さん?

クリスチャン: ジャック。

ジャック: どういうことだ。死んだはずなのに。

クリスチャン: ああ。そうだ、私は死んだ。

ジャック: なら何故ここに居るの?

クリスチャン: お前はどうしてここに居る?

ジャック: (沈黙の後)俺も死んだから。

クリスチャン: 大丈夫 いんだよ。お前は皆を求め、皆もお前を必要とした。

ジャック: 皆は本物なのか。

クリスチャン: 本物だ。

ジャック: ここはどこ?

クリスチャン: ここは皆が集まり、お互いを見つけ出すための場所だ。そして思い出を解放するために集まる。

クリスチャン: ここには「今」はない。ここに居る皆が本物でそして死亡している。先に死んだ者も後に死んだ者もいる。

ジャック: ケイトが「ここを去る」言った

クリスチャン: 離れるのではない。進むんだ。

ジャック: どこへ進むの

クリスチャン: 見つけに行こう

クリスチャンがドアを開けると光明がさす。

ジャンル:
ブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界の風景10 食い物 イタ... | トップ | ロスト2 物語の枠組み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・音楽・読書・宗教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。