団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

世界の風景1 窓 

2016-10-19 17:40:09 | 世界の風景

2016/10/19 追記

 

モロッコのモスクにて。快楽を拒絶する窓。

ボローニャ 塔の窓 幽閉という言葉が思い浮かぶ。

シシリア島タオルミナ。バラがお好きなコンドミニアムの窓。

シシリア島タオルミナ。古いシミの出た石材に花が調和する。

シシリア島タオルミナ。ジェラート屋の窓。

ガウディ邸の窓。

バルセロナ ピカソミューゼアムの窓。

アルゼンチン・カラファテ ホテルの窓。

モロッコ・ワルザザート ホテルの窓。

2006/6/15
相当前に手に入れた東山魁夷の画集が我が家にある。彼がヨーロッパの古い町並みの窓辺を描いた作品集で気に入っている。古びてペンキがはげ落ちそうな窓辺にはたいそう花が似合っていた。それ以来、ヨーロッパの街並みでも窓辺や花に目が行ってしまう。

ベニスの運河沿いから撮った。出窓に必ず花が植わっている。古レンガとペチュニアやゼラニウムがしっくりきている。

ベニスの運河からちょっと中に入った小さなホテルのパティオ。このホテルのオーナーは70歳近い品の良い未亡人で、夫が亡くなってから経営を始めた。良い人生を送ってきた女性らしい細やかさが行き届いた庭だ。植物の病気の対処法を教えてあげて話が盛り上がる。中央はパティオで憩う連れ合い。


ゴンドラに乗って一周すると日はとっぷりと暮れてたそがれ時に。花もいいがこの墨色の景色も良い。

ボローニャの街角で

ベニス

モロッコ

ベニス

ベニス

ベニス

モロッコ

ベニス

ベニス

ベニス

ペルー

ペルー

ペルー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クズネツォフ著 「アインシュ... | トップ | 世界の風景2 街灯、ランプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。