MASA的ナチュラル

ありのままをモットーに、自然と仲良く、何にでも挑戦するパワーを忘れない、そんな親父のメモリーです。

1泊2日の富士五湖

2016年10月31日 | 自然保全活動

富士山クリーンツアーを主催している団体の今年最後の活動です

前日の雨から一転晴天  強い北風が吹いているので体感温度は低い

ススキが飛んで道路上を勢いよく流れていきます。 まるで真冬の地吹雪のように見えます

集合場所の学校には色づいたイチョウ  そしてススキ  富士山はと言うと見えたり隠れたりの状態  でも頂上の雪が見えません 溶けたかな

今日の参加者は50人 予定より随分減りましたが寒いのによく来てくれました。

 

本日の活動を終え道の駅に移動  朝のうちに社内泊の準備万全  お湯を沸かして温かいスープを作り出したら お湯だけは沸いたので急いで車内に入り、お弁当・ビールの夕食をいただきました  ひと段落してから、歩いて近くの温泉センターに行こうと計画していましたが、が段々強くなってきて断念  そのままお休みタイムとなりました  夜間は土砂降り

 

さて気持ちよく目覚めたのは6時近く  まだ霧雨が降っていますが今日は集合時間が早いので、急いでお湯を沸かし朝食のどんべいを 

ひげは何とかしたものの歯磨きと洗面が道の駅では出来ず、集合場所の学校に言ってようやく済ませセーフ

今日は寒い  霧も出ています  気温5度程度

証券会社の社会貢献活動です  外人も何人か入っていました   総勢21名  活動ではかなり少ないほうですね

作業現場は、富士五湖にプラスされる幻の富士六湖「赤池」での活動です。 台風や大雨の時にこの一帯が水没して新たな池が誕生します。それを赤池と呼びますが7年に1回程度しか出現しないので幻と言われます  池が誕生したら即情報が流れ、写真左上の高架道路の上に見物客がいっぱい並びます

少ない参加者で、足場はドロドロでしたが、皆さん本当によく活動してくれ、たくさんのタイヤなども回収しました。13時には作業終了しましたが、この時分には気温も少しアップしてほんのり汗をかく状態   それだけ一生懸命に頑張ってました

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 灯りの陣 | トップ | 老老男女 »
最近の画像もっと見る