MASA的ナチュラル

ありのままをモットーに、自然と仲良く、何にでも挑戦するパワーを忘れない、そんな親父のメモリーです。

貴重な5日間 その1

2017年06月19日 | 日記・エッセイ・コラム

初日 朝と言うか深夜3時に起床  4時前には成田空港に向け出発  首都高入り口と酒々井SAで休憩し6:30頃には第二ターミナル出発口に到着  はや   ラウンジでゆっくりするとのことで見送りました   ところがJALチェックインカウンターは7:00オープンだった様です

さて、私は、親友宅に今夜お世話になる事になっているので、道すがら立ち寄りしていく事にしました。

牛久大仏  ばかでかい 早朝なのでオープン前でしたが、オープンしてても入場はしません  ここの墓地の値段は

トイレを拝借し、出発

次に訪れたのが、栃木・群馬・埼玉・茨城の4県にまたがる渡良瀬遊水地  今はラムサール条約締結地の自然豊かな場所ですが・・・

かつて、政府が治水目的だと公表して作ったこの遊水地は、足尾鉱毒事件を抑えるため栃木の谷中村全域を買収または住民を追放し、鉱毒を沈殿するために作られたものです。

谷中村は、鉱毒反対運動の中心地だったので廃村にすることにより、運動の弱体化を狙ったものであるということが、鉱毒事件で有名な田中正造さんによって明らかにされています。   大変な苦労をされた方ですね

足尾鉱毒事件から100年を越えた現在では鉱毒は減少し、主に治水と利水のための地域になっていますが、減少したのは上流から新たに流れてくる鉱毒の量であって、遊水地の土壌にはまだ銅などの鉱毒物質が多く含まれていると言われています。

野焼きは有名です。既に終わっていますが、まだ少し残っている場所の雑草?を焼いていました。

朝早かったので、日帰り温泉へ向かいました   初めての施設でしたが、新しくランキングは上位のほうに入るかな・・

お休み処もあり、手足を伸ばしのんびり ゆったり

17:30には親友宅に到着  早速3人の飲み会おしゃべり会が始まりました  いつもの通り何を話したやら  6ヶ月前は飲みすぎ食べすぎで翌日大変な思いをしたので、今回はその教訓を生かし22時には終了   夜中雨が降ったらしい

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨入り | トップ | 貴重な5日間 その1貴重2 »
最近の画像もっと見る