シュナウザーハーブ農園

新農園で新生活。父さんがクワで耕し 私が種をまく。カラスがキジが じっと見てる。天国のマサムネとのんびり楽しもう。

ぼくのご飯のこと考えてくれるの?

2007-10-19 19:46:50 | Weblog
少し肌寒いと感じる季節になりましたが マサムネには程よい気温なのでしょうか。日中ゆったり昼寝する様子を見て「どう?」と聞いてみますが はっきりとした返事が・・・

時にソファーにちゃっかり座って「何か ぼくに用でも?」なんて顔でこちらを見ていたり。「降りて!」と声を掛ければ 「う”~」と不満なうなり声で 床に座ります。

おやつは 犬用のものが色々あって 言うことを聞いた時や 床に落ちた物を拾ってくれた時 ブラッシングなど苦手なことを終えられた時 そして訳もなく ただただ可愛くてごほうびをあげます。

ところが ご飯です。メーカーや種類を変えれば味は少し変わるでしょうが ずっと同じドックフードをあげてると ずっと同じ味のご飯だけをを食べ続けることになります。それでも 自由に選んで 好きな時に食べるということが許されていないマサムネは いつも「待ってました。多めにねえ」と言わんばかりに 美味しそうに嬉しそうにたいらげます。同じ味のご飯を同じ量もらって 喜ぶマサムネってとっても健気。

みんなの気持ちを円やかにしてくれるんだけど 結構偉そうなマサムネです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加