団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

あなたは、思っていた印象と違っていた

2016-11-08 04:39:52 | 日記
 1昨日の日曜日の午後 コメダコーヒー店へ行きました。
私は寒くなったのでアイスはやめて、ホット・コーヒーを注文しました。
コーヒーを飲みながら新聞を読んでいましたら、私の前の席に若い男女が座りました。
若い男女のお二人は、まだ付き合いだして間もない感じを受けました。

彼女がメニューを見ていて暫くして、彼が彼女に「注文は決まった?」と訊きましたら、「決まった」と答えました。
彼がウィンナー・コーヒーで、彼女がミックス・ジュースでした。
選択がなかなか良いです。(笑)

耳に入ってきた会話では、彼女は社会人1年生、彼は社会人2〜3年生のようでした。
彼女は学生時代テニスをしていたことや、社会人になってお局さんに苦労していることを
話していました。
彼女は小柄で可愛い感じの人で、彼もなかなかいけていました。(笑)
いい感じの二人でした。
結構彼女からいろんな話を彼に投げかけていました。
私が喫茶店を出てからも二人は話していましたので、きっと彼らはうまくいくでしょうね。(笑)

 私が社会人になってから好きだった相手とのデイトは、話が弾まなかったです。(苦笑)
私は会話下手でしたし、彼女からもそんなに話を振ってこなかったように思います。
沈黙することが多かったです。
私が悪いんです、うまく話を繋げなかったので。
彼女を目の前にして、あがっていたんでしょうね。
好きな女性と面と向かうと、どうもうまく話ができないです。(苦笑)

 最後のデイトで「あなたは、思っていた印象と違っていた」と、彼女に言われました。(苦笑)
「あなたは、思っていた印象と違っていた」とは、楽しい人だと思っていたのに、そうでなかったということでしょうか?
彼女と会うと緊張して、普段のように話せなかったのがいけなかったでしょうね。
この言葉は、胸に刺さりました。









僕にまかせてください/さだまさし
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忙しい時は電話に出ないのが... | トップ | 人間の心は変わります »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (kei)
2016-11-08 07:02:21
家の元夫はお喋りでした。
私は家では余り喋らず、もっぱら聞き役でした。
私は好きな人と居る時は、黙って寄り添ってるのが好きでした。(笑)
寄り添う人が居ない今は・・・寂しいですね
沈黙の時間が辛い (masamikeitas)
2016-11-08 07:56:51
keiさん、おはようございます。

>家の元夫はお喋りでした。
私は家では余り喋らず、もっぱら聞き役でした。

良い関係でしたね。
私は元々おしゃべりなんですが、好きな人の前では緊張して喋れなくなってしまいます。(苦笑)

>私は好きな人と居る時は、黙って寄り添ってるのが好きでした。(笑)

そうなんだ!(笑)
そんな女性も素敵ですね。
私はお喋りですが話し下手なので、話してくれた方が
気楽でいいです。
沈黙の時間が辛いです。(苦笑)

>寄り添う人が居ない今は・・・寂しいですね

素敵な話し相手ができるといいですね。(笑)
正直言って迷惑ですから (かっつん)
2016-11-08 08:27:35
と20頃に言われた覚えがあります
これが僕の忘れられない言葉かもしれません
今思えばお高く留まってた女でした
すぐ忘れられました(笑)
色々ありますよ
自分を責めることではありません
責めてはいないですが反省しています。 (masamikeitas)
2016-11-08 08:38:57
かっつん、おはようございます。

>正直言って迷惑ですから
と20頃に言われた覚えがあります
これが僕の忘れられない言葉かもしれません

これはないでしょ。(苦笑)
自分を想ってくれる相手に対して。
仮にそう思っても純真な青年に向かって言う言葉ではないと思います。
かっつんには申し訳ないですが、優しさに欠けた女性のように思えますが。

>自分を責めることではありません

責めてはいないですが反省しています。
結婚適齢期の女性に、私のようなはっきりしない男に付き合わせて。(苦笑)
彼女とは話が盛り上がらなかったと言うことは、何か波長が違っていたんだと思います。

Unknown (かずちゃん)
2016-11-08 09:42:42
そうなんです。
こんなおしゃべりな私でもなぜかその人にだけは話せなかった
ぼろがでそうできっといつも緊張してました

そして言われたのは「他の人とはあんなに楽しそうなのに、僕といるときは楽しそうじゃない」と

いいところをみせようと、がんばった結果がこれでした
普通にしてればよかったものを(笑)

半世紀を経て、今ならかっこつけずにしゃべれますけど・・・
Unknown (いつでもゆめを)
2016-11-08 09:46:41
私は主人と結婚する前に
”あなたは 難しい人ですね!”って
笑って言われました
その時は 良い方にとって良いのか 悪い方にとるべきなのか わかりませんでしたが
その後結婚して現在に至るので
”難しい人”は主人にとって迷惑ではなかったってことだと勝手に解釈しています(笑)
また 結婚後 知り合ってそう間もない人には
こんなこと 良く言われました
”〇〇さんて 気難しい人かと思ったけど そんな事全然ないのねー”って・・・
私は 弱虫なので 気心が知れるまで きっと 表情は硬く 警戒心いっぱいの顔していたんでしょうねー
申し訳なく思います(笑)
おはようございます (まる)
2016-11-08 10:11:58
>「あなたは、思っていた印象と違っていた」

こう言って断られるとグサッときますね。(断られてはない?^^;)
思ってた印象と違っていい人だったと言うのならまだ嬉しい?ですが。
どういう印象を持つかは相手側次第なので言われても、そうなんですかと思うしかないような気もします。(言い換えれば、、、知らんがな^^)
まあ、素直な感想を口にしただけなのでしょうが、若い頃にはありますね。

歳をとると、無駄なおしゃべりより聞くことの方が大事だとわかってきますけどね。^^
女版masamikeitasさんです (窓)
2016-11-08 10:45:15
おはようございます。^^ヾ

私も緊張しいのカチコチになる方なので、
一度ならず、デートの直前に、そのしんどさから、逃げてドタキャンしたこともあります。(;^_^

その中で、辛抱強く誘ってくれたのが、夫だったのです。

ずっと喋ってくれるのですが、正直、そのころの話はあまり面白くありませんでした。
仕事の話ばかりなのですよね。

けど、夫は沈黙させてはいけない、と思ったようです。

結局、結婚するのは、沈黙も苦にならない相手となんですよね。

この若いカップルが、末永くうまくいきますように。
祈りたいですね。^^ヾ

よほど素敵な人だったんですね。(笑) (masamikeitas)
2016-11-08 10:55:06
かずちゃん、おはようございます。

>そうなんです。
こんなおしゃべりな私でもなぜかその人にだけは話せなかった
ぼろがでそうできっといつも緊張してました

かずちゃんのコメントで思ったのですが、私だけではなく彼女も緊張していたかもしれませんね。
でも思い返すと彼女は歩み寄ろうとしていたかもしれないです。
それなのにです。(苦笑)

>そして言われたのは「他の人とはあんなに楽しそうなのに、僕といるときは楽しそうじゃない」と
いいところをみせようと、がんばった結果がこれでした
普通にしてればよかったものを(笑)

何か私と似ていますね。(苦笑)
かずちゃんの普段通りの姿が、彼は好きだったんでしょうね。
私にも言えますが、早くそのことを言って欲しかったですよね。

>半世紀を経て、今ならかっこつけずにしゃべれますけど・・・

よほど素敵な人だったんですね。(笑)
私も今なら普段通り話せると思います。
神秘的な人だったのでは。(笑) (masamikeitas)
2016-11-08 11:02:00
いつでもゆめをさん、おはようございます。

>その時は 良い方にとって良いのか 悪い方にとるべきなのか わかりませんでしたが
その後結婚して現在に至るので
”難しい人”は主人にとって迷惑ではなかったってことだと勝手に解釈しています(笑)

私が思うに、いつでもゆめをさんはご主人から見ると神秘的な人だったのでは。(笑)
とっつきにくそうで、付き合って見るとそうでもないようで。
ご主人が惹かれたのもわかるような気がします。

>私は 弱虫なので 気心が知れるまで きっと 表情は硬く 警戒心いっぱいの顔していたんでしょうねー
申し訳なく思います(笑)

このような女性は友人は多くないでしょうけど、真の友人を持たれているように思います。
良いお友達をお持ちなのでは。(笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。