団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

身近にいる偉い人

2016-10-01 04:52:43 | 日記
世間に偉い人はいっぱいいらっしゃいます。
例えばイチローさんの生き様を見て感心しますが、やはり遠い人です。(笑)
でも身近に偉い人がいると、自分も見習いたいと思います。

 かみさんの学生時代の友人が、この10月にケア・マネージャーの資格に挑戦されるとのお話です。
今 66歳の彼女がです。
私にはとても考えられないです。
20代でも難しい試験にチャレンジするなんて、自分の年齢を考えないでしょうか?
私なんて試験と聞くだけで身震いします。(苦笑)

 かみさんの話では彼女は高校生の頃から苦労されているそうです。
父親が早く亡くなられたので、お母さんが学生相手の下宿屋をやって生活されたそうです。
彼女は高校1年から3年間アルバイトをしながら学校へ通われたそうですが、それでも成績は良かったとのことです。

 私たち夫婦より少し遅れて結婚されましたが、ご主人の商売が成功して家を2軒も持たれるほどでした。
ところが15年前ぐらいから商売がうまくいかなくなり、廃業されました。
今まで彼女はお店を手伝っていらっしゃいました。
それで止むを得ずある会社の事務をされましたが、60で辞めることになりました。

60歳から職安でヘルパー2級取得の学校を紹介され、介護の仕事へ転職されました。
63歳で介護福祉士の資格を取られ、今回ケア・マネージャーという難関な試験にチャレンジされます。

 若い頃からしっかりしている方は違いますね。(苦笑)
私なんて、新たなことを覚えようなんてハナから考えないです。
試験を受けるなんて、今更という考えです。もう先がないという思いがあるからでしょうね。(苦笑)
私ような後ろ向きの考えを持たず、前向きに生きている彼女を見ますと、自分はこれでいいのかと反省します。(苦笑)










ブロ友のかずちゃんからのリクエストです。  「カラーに口紅」 Lipstick On Your Collar by Connie Francis 1959
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私は昔からそうです」と開... | トップ | ポイント2倍! »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (kei)
2016-10-01 06:05:14
私も反省する事ばかりです。(-_-;)
私の洋裁の先生は、75歳で半年間
NHK朝ドラの衣装のお仕事をされました。
忙しくて大変だったそうですが、私なら引き受けませんね。(笑)
ダラダラしてても、誰からも文句の言われない年になりましたが、
何時もこんな生活をしてていいのか?考えてしまいます。
娘達からは、元気でいてくれたらそれでいいよ!といわれますが・・・
そのような人の脳の構造 (masamikeitas)
2016-10-01 06:17:02
keiさん、おはようございます。

>私の洋裁の先生は、75歳で半年間
NHK朝ドラの衣装のお仕事をされました。
忙しくて大変だったそうですが、私なら引き受けませんね。(笑)

そのような人の脳の構造を知りたくなります。(笑)
前向きで立派な先生ですね。

>ダラダラしてても、誰からも文句の言われない年になりましたが、
何時もこんな生活をしてていいのか?考えてしまいます。
娘達からは、元気でいてくれたらそれでいいよ!といわれますが・・・

これが定年後の楽しみです。(笑)
私もダラダラしていますが、かみさんぐらいが文句を言うだけで、あとは誰も文句を言わないし、容認されています。
極楽・極楽です。(笑)
でも身近には立派な方がいらっしゃるんですよね。
見習いたいとは思いますが、人間の出来が違うとハナから諦めている私がいます。(苦笑)
いくつになっても (koumama)
2016-10-01 08:14:15
チャレンジする精神とか素晴らしいですね
私は
母が生前
認知になってしまっていつも怒ってばかりいる自分が嫌で
仕事しながら 介護ヘルパーの資格を取りました。
介護事務の資格も
そのとき 一緒にとったので
今の仕事ができなくなっても 介護の仕事に携わることができるかなと思っています。
あのとき あれだけ勉強できたのは母を知るために
必死だった。。。としか思えません(笑)
お友達。。すごいですね
ケアマネになるには
ヘルパーの実績のあと介護福祉士の試験を受けて
さらに経験を3年かな
そのあとようやくケアマネの試験を受けられる資格をもらえるので それからの勉強だから本当に大変だったと思います。

奥様のお友達 努力された賜物ですね。
いくつになっても トライすることは素晴らしいです。
少しでも認知症を理解するために (masamikeitas)
2016-10-01 08:34:07
koumamaさん、おはようございます。

>母が生前
認知になってしまっていつも怒ってばかりいる自分が嫌で
仕事しながら 介護ヘルパーの資格を取りました。
介護事務の資格も
そのとき 一緒にとったので
今の仕事ができなくなっても 介護の仕事に携わることができるかなと思っています。

大変だったんですね。
認知症になった方の対応の仕方が、私はあまり良くわかりません。
父は認知症にかかったのですが、一緒に住んでいなかったので母親に任せっぱなしでした。
母は目がよく見えないので、苦労したと思います。koumamaさんが少しでも認知症を理解するために、働きながら勉強され、資格も取られたことに敬服します。
koumamaさんも偉い人です。(笑)

>ヘルパーの実績のあと介護福祉士の試験を受けて
さらに経験を3年かな
そのあとようやくケアマネの試験を受けられる資格をもらえるので それからの勉強だから本当に大変だったと思います。

koumamaさんと同じで働きながら勉強し、試験にチャレンジされるのに感心します。
私も特養で宿直しましたが、ヘルパー2級(当時の名前)は持っていらっしゃる60代の方は多かったですが、介護福祉士となると60以前に取った人ぐらいでした。
それがケア・マネとなると私の施設では見えなかったです。
遅く取られた人で45歳ぐらいでした。
66歳か!
普通なら厳しいと思いますが、彼女ならやると思います。
僕も (かっつん)
2016-10-01 08:46:10
新しい仕事には消極的です
チャレンジをすることの難しさ
ここでは自分の限界に挑戦しなくてはなりません
それは自分の無能を知ると共にまた自分を責める要素も孕みます
いつもそれに苦しめられています
新しい仕事はきついです
それでもお客さんの意向で挑戦せざるを得ない時もあります
やってみると出来ないことはない(笑)
結構自分は力持ちを知りますが・・
でも挑戦することの大変さは身に沁みます
お友達には頑張って欲しいです
70まで働きたいようです。 (masamikeitas)
2016-10-01 09:43:49
かっつん、おはようございます。

>新しい仕事には消極的です
チャレンジをすることの難しさ
ここでは自分の限界に挑戦しなくてはなりません
それは自分の無能を知ると共にまた自分を責める要素も孕みます
いつもそれに苦しめられています

私から見るとかっつんは新しいこともチャレンジされる人だと思います。
だから書かれているように「それは自分の無能を知ると共にまた自分を責める要素も孕みます」のでは。

>新しい仕事はきついです
それでもお客さんの意向で挑戦せざるを得ない時もあります
やってみると出来ないことはない(笑)
結構自分は力持ちを知りますが・・

やっぱり出来るんだ!(笑)
まだまだかっつんはチャレンジ出来ますよ!

>お友達には頑張って欲しいです

70まで働きたいようです。
そうなると現場仕事はきついですよね。
ケア・マネの資格を取って事務作業に替わった方が良いと思います。
Unknown (かずちゃん)
2016-10-01 11:29:47
さっそくの貼り付けありがとうございます。
また明日母に聞かせますね

いくつになっても新しいことに挑戦する
結果がついてこなかったとしても、挑戦するということはとても大事なことですね。

私も50歳から60歳まではいろいろ新しいことを始めましたが、60歳からはブログをはじめたことだけです(笑)

でもそれが今の私の支えになっています。
それが資格うんぬんではなくても何かをはじめるということは細胞の活性化につながると思いますね

今はもうカウントダウンの始まった私の母も、病が発見される一か月前の今年5月まで仕事をしていました。
私には資格がありませんから真似しようもありませんが、生きる指標にはなっています。
資格を活かして働かれていたのですね。 (masamikeitas)
2016-10-01 11:42:56
かずちゃん、こんにちわ。

>さっそくの貼り付けありがとうございます。
また明日母に聞かせますね

嬉しいです。
お母様によろしく伝えてください。(笑)
お母様はお若い頃モダンな女性ではなかったですか?
そんな気がします。

>いくつになっても新しいことに挑戦する
結果がついてこなかったとしても、挑戦するということはとても大事なことですね。

そうですよね。
でも今の私は残念ながら挑戦する気持ちが湧いてきていないです。(苦笑)

>でもそれが今の私の支えになっています。
それが資格うんぬんではなくても何かをはじめるということは細胞の活性化につながると思いますね

かずちゃんのように毎日更新されている方は、間違いなく細胞の活性化に繋がっていると思います。(笑)

>病が発見される一か月前の今年5月まで仕事をしていました。
私には資格がありませんから真似しようもありませんが、生きる指標にはなっています。

お母様はご立派な方ですね。
病気されるまで資格を活かして働かれていたのですね。
かずちゃんの生きる指標になるのが納得できます。
ご無沙汰続きで (ゆう)
2016-10-01 22:51:07
masamikeitasさん、こんばんは~
お元気そうで、何よりですね。

私は、9月は殆ど、仮死状態のように、穴倉で暮らす日々を送っていました。(;^_^

奥様のご友人は、いつも、今以上を追い求めておられる努力の方なんですね。すごいです。
昔から使い古された言い回しになりますが、

「もう、と、まだ」
それを実践されていらっしゃるのですね。
考えたら、人間、死ぬまでは生きているのですものね!
年をとるということは、肉体はあちらこちら、ガタが来て、痛んだり、傷んだり、軋んだりしますけども、心や頭脳はそうでもないのだ、というお手本のような女性。

これも、きっと健康だからでしょうね。
つくづく、健康でいようと思います。

masamikeitasさんが落ち込まれることなんて、何もないのでは、と思います。^^ヾ
人それぞれ、生き方の目標も違うのですもの。

もしかしたら、このように、ブログを毎日のように更新されていると、その方がお知りになれば、驚かれるかもしれませんよ。^^ヾ




穴倉生活から脱出してください。(笑) (masamikeitas)
2016-10-02 04:22:57
ゆうさん、おはようございます。

>私は、9月は殆ど、仮死状態のように、穴倉で暮らす日々を送っていました。(;^_^

私はゆうさんが仕事でお忙しい日々を過ごされていると思っていましたが、体調が悪かったのですか?
10月に入りました。
そろそろ秋の紅葉も見頃になると思いますので、穴倉生活から脱出してください。(笑)

>年をとるということは、肉体はあちらこちら、ガタが来て、痛んだり、傷んだり、軋んだりしますけども、心や頭脳はそうでもないのだ、というお手本のような女性。

私とまるっきり違うタイプの女性です。(苦笑)
やはり年相応の病気は持っていらっしゃるようで、かみさんと同じ病院に通院されているようです。

>人それぞれ、生き方の目標も違うのですもの。

ゆうさんに慰められて嬉しいです。(笑)
人それぞれですよね、私は雲のように空に浮かんでいたいです。(笑)

>もしかしたら、このように、ブログを毎日のように更新されていると、その方がお知りになれば、驚かれるかもしれませんよ。^^ヾ

かみさんと知り合った時彼女もいましたので、私が彼女のことを書いたと知ったら、きっと怒ると思います。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。