団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

その日から、私たちは3人になりました。

2017-05-15 03:37:30 | 日記
 中日新聞の「くらしの作文」という読者投稿欄に、67歳の主婦の方の作文が「いつも3人」というタイトルで
掲載されていました。


 早いもので、もう10年になります。
あなたが来てくれてから。

 当時、主人は人工透析をしていました。
闘病は13年になり、心も体も悲鳴を上げていました。
そんなとき、腎移植の話をいただきました。
待ちに待った朗報でした。
手術は成功しました。
その日から、私たちは3人になりました。

 どこへ行くのも、何をするのも、3人になりました。
3年前には、主人の退職記念に西日本を旅しました。
念願だった道後温泉に行きました。

フェリーで別府に渡り、新婚旅行の地をたどりました。
その後、あこがれの由布院に滞在し、南国鹿児島を目指しました。
夢のような幸せな時間でした。

 苦しい食事制限、水分制限から解き放たれ、人工透析から解放された日常は、
何にも代え難い喜びの日々です。

 あなたは主人の中で力強く、生き続けてくれています。
あなたの鼓動を感じます。
病気がちで、若く亡くなったというあなた。
まだまだやりたいことや行きたいところが、あったでしょう。
これからも私と主人が、あなたのお供をします。
いろいろなところへ出かけましょう。

 春らんまん。この国が美しく輝く季節です。
あなたはどこに行きたいですか。

 以上です。


 いろんな思いが交差する作文ですね。
でも、腎臓を頂いたご夫婦がとても大切にされているのが救いです。
長生きしていただきたいです。









秋桜 山口百恵 コスモス
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「母の日」のカーネーション... | トップ | 頭では分かっているんですが... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (kei)
2017-05-15 05:13:15
考えさせられますね。
日本では臓器移植が遅れてる様ですが、
自分が臓器を提供すると言う事を考えると、やっぱり怖い気がします。
身近で臓器の提供を受けた方も知りませんし、未知の世界です。
でも、このご夫婦の喜びはひしひしと伝わってきます。
毎日、感謝の気持ちで生きておられるんでしょうね。
難しい問題ですね。 (masamikeitas)
2017-05-15 06:01:56
keiさん、おはようございます。

お早いお目覚めでびっくりです。(笑)

>日本では臓器移植が遅れてる様ですが、
自分が臓器を提供すると言う事を考えると、やっぱり怖い気がします。

難しい問題ですね。
移植された方は大変嬉しいと思いますが、移植に提供された方のご家族のことを思うと考えさせられます。

>身近で臓器の提供を受けた方も知りませんし、未知の世界です。

私の父も提供すると言っていましたが、認知症になってしまって叶わなかったです。

>でも、このご夫婦の喜びはひしひしと伝わってきます。
毎日、感謝の気持ちで生きておられるんでしょうね。

この作文からも感謝されて生きていらっしゃることが感じられます。
せっかくいただいたのだから、大事にされ、長生きしていただきたいです。
Unknown (sasayuri)
2017-05-15 07:45:24
おはようございます🎵

大変な病気でお辛い治療をしながらでは
食事制限などもあっては、なかなか旅も行けま
ん。
ある方からの臓器移植をされて、旅にも行かれて、毎日を夫婦二人で感謝して過ごされています。
大事な命を、これからは大切に長生きした頂きたいですね。
若い方の腎臓を頂かれたようですので (masamikeitas)
2017-05-15 08:11:49
sasayuriさん、おはようございます。

>大変な病気でお辛い治療をしながらでは
食事制限などもあっては、なかなか旅も行けま
ん。

腎臓などを患うと、なかなか旅行には行けませんよね。

>ある方からの臓器移植をされて、旅にも行かれて、毎日を夫婦二人で感謝して過ごされています。
大事な命を、これからは大切に長生きした頂きたいですね。

若い方の腎臓を頂かれたようですので、その方に報いるためにも長生きしていただきたいですね。
3人で旅を楽しんでいただきたいです。
おはようございます (かっつん)
2017-05-15 08:25:43
タイトルだけ見たら、ペットに語り掛けてるのかな?と思いましたが
そういう事だったんですね
感謝の気持ちがひしひしと伝わってきます
3人の末永い幸せを願わずにはおれません(笑)
なるほど、そのようにも受け取れますよね。(笑) (masamikeitas)
2017-05-15 08:41:43
かっつん、おはようございます。

>タイトルだけ見たら、ペットに語り掛けてるのかな?と思いましたが

なるほど、そのようにも受け取れますよね。(笑)

>感謝の気持ちがひしひしと伝わってきます
3人の末永い幸せを願わずにはおれません(笑)

複雑なお気持ちでしょうが、提供されたご親族もいつも感謝されていることを知り、良かったと思われるのでは。
Unknown (かずちゃん)
2017-05-15 09:09:28
私も一瞬ペットを擬人化してるのかな~って思いました。

こういうことだったのですね。
私は臓器提供にはあまり積極的な考えではないのですが、こういうお話を読むと、それによってこれほど救われている方がおられるんだとあらためて思います。

移植の順番を待つ間に亡くなられる方もきっと多いことでしょう
医学(?)の発達で、何十年か先には臓器そのものが作れるような時代がくるかもしれませんね。

おそらくドナー情報はこの方には知らされていないでしょうが、提供された方のご家族もこんな風に大切に生きてくださってることをきっと喜んでくださるでしょうね。
移植医療 (ねこママ)
2017-05-15 09:19:00
色々な問題を含んでいるでしぃうが、こういった記事を見ますと
提供を決断された方の心の広さと、移植された方の感謝を感じますね。

肉親の身体を、たとえ亡くなったからと言って、木と採ることに
まだまだ抵抗がありますからね・・・
こういった感謝の声が大きく広がると、又違う未来がひよがるかも知れませんね。

ちなみに、私は死んだら浸かるところは全部提供します。
と言ったら、息子に年齢的にもう無理だと言われました。
生きてる内に、世間の役に立っておかないと死んでからは無理のようです
つい、自分の (koumama)
2017-05-15 09:59:40
父に置き換えて読んでしまったら
朝から涙が出て仕方なくなっちゃいました
父も人工透析で苦労していたので
ずっとそのそばで見ていたものですから
このご夫婦の気持ち
その病気の大変さ
若くして病気で亡くなったかたのこと
なんだか
ありがたくて切なくて
わかりすぎて 涙が出ました
お父ちゃんにもこういうドナーがいたらなぁ
もう少しそれに対応する若さがあればなぁって思いました
若者の命がまた そのご夫婦に生きてるのですね
今の医療はすごいです。ありがたいですね
実は私 (masamikeitas)
2017-05-15 10:44:55
かずちゃん、おはようございます。

>私も一瞬ペットを擬人化してるのかな~って思いました。

かっつんと同じですね。(笑)

>私は臓器提供にはあまり積極的な考えではないのですが、こういうお話を読むと、それによってこれほど救われている方がおられるんだとあらためて思います。

実は私、健康保険証の裏に、臓器提供しないに○をうっています。(苦笑)
改めて考えて見なければいけないですね。

>医学(?)の発達で、何十年か先には臓器そのものが作れるような時代がくるかもしれませんね。

iPS細胞の山中教授に期待しています。

>おそらくドナー情報はこの方には知らされていないでしょうが、提供された方のご家族もこんな風に大切に生きてくださってることをきっと喜んでくださるでしょうね。

家族同様に大切にしていただければ、提供して良かったと思われていらっしゃると思います。
一つの命のおかげで一つの命が助かりましたね。 (masamikeitas)
2017-05-15 10:58:23
ねこママさん、おはようございます。

>提供を決断された方の心の広さと、移植された方の感謝を感じますね。

いろんな思いがあると思いますが、一つの命のおかげで一つの命が助かりましたね。

>こういった感謝の声が大きく広がると、又違う未来がひよがるかも知れませんね。

上にも書きましたが、私は今のところ臓器移植提供にNOです。
改めて考えて見なければいけないですね。

>私は死んだら浸かるところは全部提供します。
と言ったら、息子に年齢的にもう無理だと言われました。

そうなんだ!
じゃ、私も当然ダメですね。(苦笑)
そうだったんですか! (masamikeitas)
2017-05-15 11:07:19
koumamaさん、こんにちわ。

>つい、自分の
父に置き換えて読んでしまったら
朝から涙が出て仕方なくなっちゃいました

そうだったんですか!
お父様も大変でしたでしょうが、koumamaさんも大変だったでしょうね。

>若くして病気で亡くなったかたのこと
なんだか
ありがたくて切なくて
わかりすぎて 涙が出ました

切実な場面を経験されたkoumamaさんにとって、他人事とは思えないですよね。

>お父ちゃんにもこういうドナーがいたらなぁ
もう少しそれに対応する若さがあればなぁって思いました
若者の命がまた そのご夫婦に生きてるのですね
今の医療はすごいです。ありがたいですね

運もありますよね。
多くの方が順番を待たれていると思いますので、なかなか順番がやってこないように思います。
ipsの山中教授が研究されている人工細胞が実用化されれば、いつか臓器提供がなくても助かるようになるのでは?
未来の医療に期待したいです。
泪が (hide-san)
2017-05-15 14:37:43
泪が出ます。

こんなに感謝していただけるなら、
今持っている臓器を全部移植可にするよう免許証にチェックを入れます。
hide-sanさんのお申し出は素晴らしいことだと思いますが (masamikeitas)
2017-05-15 15:58:34
hide-sanさん、こんにちわ。

>こんなに感謝していただけるなら、
今持っている臓器を全部移植可にするよう免許証にチェックを入れます。

hide-sanさんのお申し出は素晴らしいことだと思いますが、↑のねこママさんのご子息のお話ですと、私やhide-sanさんはどうやら断られるようです。
若い方の臓器が必要のようです?
くちこの電子カルテを開くと (くちかずこ)
2017-05-15 20:13:08
最初に出てくる掲示板に、主治医の判断で可能な臓器は脳死の状態ですべて移植を希望すると出てきます。
延命は希望しないと。
でもね、これにも厳しい年齢制限が・・・
でも、腎臓は70歳までだったかなあ?
一番長かったように思います。
できることならば、認知症になって、子供の顔も解らなくなってもそうして欲しいです。
この世に対する最後の御奉公として。
さすが (masamikeitas)
2017-05-16 04:36:48
くちこさん、おはようございます。

>最初に出てくる掲示板に、主治医の判断で可能な臓器は脳死の状態ですべて移植を希望すると出てきます。
延命は希望しないと。

さすが元看護師部長様だけありますね。

>でもね、これにも厳しい年齢制限が・・・
でも、腎臓は70歳までだったかなあ?
一番長かったように思います。

私はギリギリですね。(苦笑)

>できることならば、認知症になって、子供の顔も解らなくなってもそうして欲しいです。
この世に対する最後の御奉公として。

ご立派です。
私はまだ迷っています。(苦笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。