団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

「人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり」を見て、感動しました。

2016-03-27 05:16:50 | 日記
 一昨日録画しておいた「人生フルーツ  ある建築家と雑木林のものがたり」という地元の
東海テレビが製作したドキュメントを見ました。
そこに理想の夫婦を見ました。
建築家で元大学教授の津端修一さん(90歳)と奥様 英子さん(87歳)の生活を2年間追いかけたドキュメントでした。

独身時代、私はJR中央線の多治見から千種まで通っていましたので、途中にある高蔵寺ニュータウンはよく知っていました。
山を切り開いて出来たニュータウンで、よくもこんな田舎に作ったものだと思いました。(苦笑)
高度成長期で沢山の住宅が必要だし、安い土地ということで高蔵寺という田舎に白羽の矢がたったんでしょうね。
このニュータウンは、4万5千人も収容できます。

この高蔵寺ニュータウンの設計に携さわれたのが、津端修一さんでした。
1970年に自ら高蔵寺ニュータウンの集合住宅に入居され、その5年後1975年に
その近辺に300坪の土地を購入され、一軒家を建てられました。
30畳一間の家に住まわれ、裏には雑木林、家の前には果林や畑、農機具小屋などがあり。
雑木林は自然なクーラーの役割をしています。

修一さんは都市計画者は、設計しても自分は都会に住んでいる、それじゃ住民の気持ちは
分からないということで、高蔵寺ニュータウンに住まれたようです。

英子さんが修一さんと知り会われたのは、65年前 修一さんが東大のヨット部のキャプテンを
されていた頃のようです。
英子さんは、「当時も変わった人だなぁと思っていましたが、変わった人でした」と仰っていました。(笑)
「言いたいことを言うようになったのは結婚してからです」とも言われました。

修一さんと英子さんは何でも自分達でされます。
自給自足に近いです。
修一さんは90歳という高齢にもかかわらず、高いところの果実を取るにも脚立を使い軽々と取られるし、
英子さんも低いところの果実をすばやく収穫される。
お二人とも歩きが達者なのにはビックリさせられました。
木や草花、小鳥の水飲み場には、修一さんが書かれた立て札が置かれています。
温かい文章とイラスト入りで。

朝はしっかり食べるということで、赤飯やうなぎ、カマス、ミョウガ、スダチなど栄養価が高く、
美味しい食事をされます。
奥様はこんがり焼いたトーストにブルーベリージャムをたっぷり塗られて食べられます。

奥様の作られる料理のレパートリーが素晴らしい。
イチゴのケーキ、サクランボ入りのヨーグルト、大きなプリン。
なんでも上手に作られます。
保存食もたくさん作られるのには驚きです。
作られた保存食を知り合いの方にも送られていました。

買い物は月に一度、名古屋まで出かけられ、なじみの八百屋さん、魚屋さんなどで
大量に買い付けされ、自宅まで送っていただきます。
修一さんがイラスト入りの礼状を書かれ、買われた野菜などの感想も付け加えられているようです。
貰った業者さんもうれしいですよね。
心配りが違います。

修一さんは1日10通ほど手紙を書かれ、自転車に乗って郵便ポストまで出しに行かれます。
その自転車に乗られた軽やかな姿、私よりずっと若い。(苦笑)

修一さんは「お金よりも人が大切」ということを信条として働かれています。
「できるものから、小さくコツコツと。時をためて、ゆっくりと。」
依頼を受けた仕事も速やかに対応されています。
著書もたくさん書かれています。
私も昨日その中の1冊を注文しました。

台湾でもニュータウン建設に関わられたということで、修一さん・英子さんご夫婦は
招待を受けて、一緒に訪問されています。
戦時中弟のように可愛がった台湾の方の墓参りもされました。

2015年6月2日
修一さんは畑の草むしりをされた後、昼寝に行かれたまま起きて来られませんでした。
英子さんは「おじいさん、命尽きて灰になったら、そちらへ行くから待ってて」と、言われました。
「お父さんが亡くなって、寂しいというより、むなしい」と語っていらっしゃいました。

英子さんは毎朝 修一さんの食事を作られて備えられています。
修一さんのお好きな物ばかりです。

老齢になられてもいろいろ工夫され、お二人仲良く暮らされていました。
英子さんは「お父さんのいいようにやってあげたい」というお気持ちを常に持って。
修一さんは英子さんを信頼してやさしく応対されていました。
ほんとうに仲の良いご夫婦、高齢になってもいつも元気で楽しく過ごされたお二人の
生活を垣間見ることができて、胸いっぱいです。

あまりに書くことが多すぎて、うまくまとめることができませんでした。
記憶間違いも多いと思います。
お時間があれば、下記の動画が放送された内容です。





人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり2016 03月20日
ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タダより高いものはないですね! | トップ | ぼくならきっと »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございますo(*º▽º*)o (non)
2016-03-27 05:25:44
読ませていただいて
とても胸が熱くなりました…

ありがとうございますo(*º▽º*)o
うまくまとまらない文章で申し訳ないです。 (masamikeitas)
2016-03-27 06:19:16
nonちゃん、おはようございます。

>読ませていただいて
とても胸が熱くなりました…

うまくまとまらない文章で申し訳ないです。
世の中、このように仲の良いご夫婦もいらっしゃるということに驚くとともに、感動しました。
見事 (hide-san)
2016-03-27 10:23:09
見事な最期。

ボクの父方の叔父は90歳で畑に出ていて、
息子に「3時のお茶にするぞ」と土手に寄りかかって、
息子のお茶を入れ、土手にもたれたまま眠るように亡くなったと言います。

仕事の手を止めてお茶を飲みに来た息子が、
仕事をもう少しして終わりにしようと、
父親の昼寝から起こそうとして、死んでいるのに気づいたそうです。

ボクもこうありたいと、今も体を動かし、
姉を見習ってボランティアをして、
ボケないようにない頭を使っています。
羨ましい最期です。 (くちかずこ)
2016-03-27 10:55:40
本当に、財産とは、お金ではないですね。
人が宝。
友が宝だと痛感します。
そして、穏やかに過ぎる当たり前に時間が宝だと・・・
折角生まれてきたのだから、その宝を大事にしないと、ね。
紹介ありがとうございました。 (団塊おやじ)
2016-03-27 11:09:00
いつもブログ楽しませていただいてます。

今回のドキュメントすごく感動しました!
団塊世代の小生、今後の人生観に非常に参考になります。

ありがとうございました。
Unknown (かずちゃん)
2016-03-27 11:12:45
いいお話を教えていただいてありがとうございます。
理想の夫婦、生き方、そして理想の逝き方ですね

私の父も一人で留守番をしていた夜にお風呂の中でなくなりました

その時はとてもショックだったけれど、考えてみると亡くなるその日まで好きなことを楽しんできっと本人にとっても
一番楽な逝き方だったように思います。

時間のあるときにゆっくり動画みせていただきますね。
十分にまとまった文章だと思います (かっつん)
2016-03-27 12:01:27
動画は帰ってからじっくりと見させていただきます
ご苦労様でした。。
この主人公修一さんとまるで同じですね。 (masamikeitas)
2016-03-27 12:39:46
hide-sanさん、こんにちわ。

>ボクの父方の叔父は90歳で畑に出ていて、
息子に「3時のお茶にするぞ」と土手に寄りかかって、
息子のお茶を入れ、土手にもたれたまま眠るように亡くなったと言います。

hide-sanさんの叔父様も幸せな亡くなりかたですね。
最後の最後まで働いて、少し休憩している時に神様からお呼びがかかる。
この主人公修一さんとまるで同じですね。

>ボクもこうありたいと、今も体を動かし、
姉を見習ってボランティアをして、
ボケないようにない頭を使っています。

hide-sanさんは、きっと願いが叶うと思います。
ほんとうに羨ましい最期です。 (masamikeitas)
2016-03-27 12:43:47
くちこさん、こんにちわ。

>羨ましい最期です。

ほんとうに羨ましい最期です。
できればこうありたいです。

>人が宝。
友が宝だと痛感します。
そして、穏やかに過ぎる当たり前に時間が宝だと・・・

くちこさんと違い私は友が少ないので、
穏やかに過ぎる当たり前の時間を宝にしたいです。
熟年離婚が多い世の中で、私も大変参考になりました。 (masamikeitas)
2016-03-27 12:51:13
団塊おやじさん、コメントありがとうございました。

>紹介ありがとうございました。

とんでもないです、
うまくまとめることが出来なくて申し訳ありませんでした。

>いつもブログ楽しませていただいてます。

こちらこそうれしいです。

>今回のドキュメントすごく感動しました!
団塊世代の小生、今後の人生観に非常に参考になります。

こんなにも仲が良くて、いろいろ工夫されて人生を過ごされ、奥様から「向こうで待っててください」と言われる人生。
修一さんだからこそ、愛されたんだと思います。
熟年離婚が多い世の中で、私も大変参考になりました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事