団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

好きだった彼と愛した夫

2017-11-23 05:21:43 | 日記
中日新聞の「くらしの作文」に「生涯の友」というタイトルで、
75歳の女性の作文が載っていました。


 「男と女の友情なんてあり得ない」と周りの人は言うけれど、
私と彼はベストフレンドであった。

 その彼が逝ってはや一年。
命日に故郷に向かい手を合わせると、過ぎし日の
さまざまなことが思い出される。

 幼いころは一緒に野山を駆け回り、
長じてからは誘い誘われあちこち行き、
話せば考えさせられること、
教えられることが多く、
女友達とはひと味もふた味も違っていた。

 好きだった彼は商家の長男だったので、
愛しては駄目とブレーキをかけた。
自営業で母の苦労を目にしていただけに
「絶対にサラリーマンと一緒になる」と、
幼いころから心に決めていたからだ。

 彼はそんな私の気持ちに気付き
「お互い結婚したら、家族ぐるみの
付き合いができたらいいな」と言ってくれた。

 結婚しても友情を育んだが
「男と女の友情なんて、俺には信じられん」と
夫が焼きもちを焼き、家族ぐるみの付き合いは
できなかった。

 でも晩年は私たちの関係を
「うらやましい、大切にしろよ」とまで言うようになり、
3人で会うと私をそっちのけで、男同士で話が弾み、
酒を酌み交わすまでになった。

 好きだった彼と愛した夫。
今ごろはあの世とやらで、酒盛りでも。
ちょっと焼けるなあ。


 以上です。


 文面から察すると、ご主人が先に亡くなられていて、
彼が一年前に亡くなったようですね。

 このご婦人、私から見るといい気なもんだなぁと思います。
彼の奥様が出てきていませんが、おそらく3人のお付き合いを
あまり快く思われていなかったのでは?

このご婦人は「好きだった彼と愛した夫。」と書かれていますが、
この違いが私にはわかりません。(苦笑)
どう違うのかな?

 「好きだった彼は商家の長男だったので、
愛しては駄目とブレーキをかけた。」と書かれていました。
私は商家の長男です、こんなことを言う女性と
友人として付き合うのはまっぴらです。
彼の気持ちが理解できません。

 そう言うわけで、この女性に好感が持てないです。






PRIDE - 今井美樹(フル)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生日を祝ってもらえる境遇... | トップ | 子どもが、何かをねだった時。 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (kei)
2017-11-23 06:54:49
私もmasaさんと同じく、この女性には好感が持てません。

結婚した時点で、好きな人の事は忘れるべきじゃないでしょうか?
心の中にしまっといて、偶に思い出すのは許されると思いますが、
結婚後も会うと言うのはチョット・・・

PRIDE 大好きな曲でした。
久し振りに聞きましたが、やっぱりいいですね~
Unknown (sasayuri)
2017-11-23 07:53:14
おはようございます🎵

そうですよね幼馴染みといつまでも交流を
すると言うことには、程がありますよね。

幼馴染みで一つ先輩でしたがお互い良い話相手でした。彼は高校卒業してある市役所に
勤めて、私より早く同じ職場の人と結婚をすると母親から聞いた時には、驚きましたが

私も今の旦那さまとお付合いしていたから、そうなんだで済みましたが、それから私の親の葬儀、法要には顔を会わせる機会があって少しは、挨拶程度の話はしましたが・・・
そう自分の人生をいつまでも引きずることは
思い出だけにしておきたい。
結婚後も会われたらいい気はしないです。 (masamikeitas)
2017-11-23 08:13:38
keiさん、おはようございます。

>私もmasaさんと同じく、この女性には好感が持てません。

私と同じ考えの方がいらしゃって安心しました。(笑)

>結婚した時点で、好きな人の事は忘れるべきじゃないでしょうか?
心の中にしまっといて、偶に思い出すのは許されると思いますが、
結婚後も会うと言うのはチョット・・・

私がこの方のご主人だったとして、結婚後も会われたらいい気はしないです。
それほどまでして付き合いたいなら「別れる」と言ってしまうでしょうね。

>PRIDE 大好きな曲でした。
久し振りに聞きましたが、やっぱりいいですね~

PRIDEいい歌ですね。
今井美樹さんもご主人が作られた曲なので、思い入れが強いのでは。(笑)
程があります。(笑) (masamikeitas)
2017-11-23 08:24:39
sasayuriさん、おはようございます。

>そうですよね幼馴染みといつまでも交流を
すると言うことには、程がありますよね。

程があります。(笑)
結婚相手が出来た段階で、付き合うのをやめるのが筋だと思うのですが。

>私も今の旦那さまとお付合いしていたから、そうなんだで済みましたが、それから私の親の葬儀、法要には顔を会わせる機会があって少しは、挨拶程度の話はしましたが・・・

ご主人と付き合いされていたので、先を越されたとは思われなかったようですね。(笑)
挨拶程度ならご主人も気になさらないと思います。

>そう自分の人生をいつまでも引きずることは
思い出だけにしておきたい。

誰もがいろんな思い出を持っていますが、胸の中に収めていただきたいです。
それが大人の対応だと思うのですが。
Unknown (かずちゃん)
2017-11-23 09:46:52
私はどちらかというと、この方の気持ちもよくわかるし、最後にはご主人とお友達がこの方がやきもちを焼くほど親しくなられたって、とってもいいことだと思います(笑)

コメントを入れておられるみなさんからも、masaさんからもええ~って言われそうですが(笑)

もともと男とか、女とか関係なく、親しい人とは親しいっていうスタンスで生きてきたので(笑)

だから逆に男女間のドロドロは苦手なんです(笑)
おはようございます (かっつん)
2017-11-23 10:28:30
実は僕もかずちゃんの意見に賛成です
実際、そういう女友達はいました
手も握ったことないけど親しく話をする女性
ただ婚姻中はあまり交流はなかったですけどね
そこが問題かな?
今でも恋愛抜きの女友達はご存じのように(笑)いますし、楽しい付き合いだと僕は思っています

でもこの方は僕らの感情よりも少し高ぶってるような気もしますけどね
そういうわけで彼女のことは全く許せます(笑)

蛇足ですが、逆に嫁にそういう男友達がいても大丈夫だと想像しています
例えば夜遅くまで付き合う関係なら良しとしませんが。
この女性もご主人の態度如何では (masamikeitas)
2017-11-23 15:10:37
かずちゃん、こんにちわ。

>もともと男とか、女とか関係なく、親しい人とは親しいっていうスタンスで生きてきたので(笑)

そのように生きてこられたんですか!
私は小さい頃から男女を意識していましたので、そのスタンスは無理ですね。

>だから逆に男女間のドロドロは苦手なんです(笑)

この女性もご主人の態度如何では、泥沼になると頃だったのでは?
女性は彼のことを「好きだ」と言われているんだから。(苦笑)
私がご主人だったら、平静に入られませんね。
これは友情とは言い難いのでは。(苦笑) (masamikeitas)
2017-11-23 15:14:51
かっつん、こんにちわ。

>今でも恋愛抜きの女友達はご存じのように(笑)いますし、楽しい付き合いだと僕は思っています

かっつんは女友達に好きという感情をお持ちでないので良いと思います。
この女性は、彼に恋愛感情をお持ちのように思います。
これは友情とは言い難いのでは。(苦笑)

>蛇足ですが、逆に嫁にそういう男友達がいても大丈夫だと想像しています
例えば夜遅くまで付き合う関係なら良しとしませんが。

私は心が狭いと言われてもダメですね。(苦笑)
心おだやかに入られませんから。
全く (すみこはん)
2017-11-23 15:15:57
いい気なもんです。

「愛してはいけないとブレーキをかける」、この時点で友情じゃなくて愛情です。
気の良い夫をうまく言いくるめたあげく、両方亡くなってからは「好きだったかれと・・・・」と
自分に酔っている浅くて軽い女です。
男は甘いですね。(苦笑) (masamikeitas)
2017-11-23 17:18:48
すみこはん、こんばんわ。

>全く
いい気なもんです。

私もそう思います。(苦笑)

>「愛してはいけないとブレーキをかける」、この時点で友情じゃなくて愛情です。

私も友情でなく、恋愛感情だと思いました。

>気の良い夫をうまく言いくるめたあげく、両方亡くなってからは「好きだったかれと・・・・」と
自分に酔っている浅くて軽い女です。

ご主人も彼もいいように扱われたと思います。
男は甘いですね。(苦笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事